fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bill Evans / New Jazz Conceptions』

BillEvans_NewJazzConceptions.jpg 信じられないほどの音楽を作り出したジョージ・ラッセルの『Jazz in the Space Age』に参加し、ジャズのアドリブもクラシック出身らしいスコアへの強さも光ったビル・エヴァンスが、リバーサイド・レーベルからスカウトされて作ったソロ・デビュー作です。1956年録音、ピアノ・トリオで、メンバーは、Teddy Kotick (b) とPaul Motian (dr) です。

 いやあ、これはすごい…ビル・エヴァンスが、50~60年代ジャズにとって、どれだけ得難い存在のピアニストだったのかが、このレコード一枚で死ぬほど分かる内容でした。それぐらい凄いアルバムだと思います。日本だと判を押したように「ヴィレッジ・ヴァンガードのセッションが」とか「スコット・ラファロが」な~んてすぐに言われるようですが、好き嫌いは人の趣味としても、ビル・エヴァンスのリーダー作では、音楽的にはどう聴いたってこれと『Unknown Session』がベストでしょ…。

 最初の2曲は、のちにパブリック・イメージとなる耽美派ピアニストというより、まるでニュージャズか理論派作曲家ピアニストみたい。「Conception」あたりは、思いっきりバド・パウエルな感じ。そして、すでに「My Romance」「Waltz for Debby」という、生涯通じて演奏し続けた曲を耽美的に演奏してもいます。他には「Easy Living」や「Speak Low」というスタンダードも。つまり、うしろにドビュッシーもビバップもクラシックもハードバップも、そしてアドリブもコンポジションも全部聴こえるのです。

 これぐらいマジでクラシックやってた人がジャズの世界に食い込んだのって、ビル・エヴァンスが初めじゃないでしょうか。ビル・エヴァンスがいなければ、マイルス・デイビスの「Blue in Green」も、ジョージ・ラッセルの「Jazz in the Space Age」も成立しなかったんじゃないかと考えると、モダン・ジャズの進化のキーマンになった超重要なピアニストだったんじゃないかと思います。ただこのアルバム、リリース当時はまったく売れなかったそうで、これで天才ジャズ・ピアノストは、ジャズクラブで毎晩演奏して日銭を稼ぐ貧乏プレイヤーのひとりに落ちぶれ、以降は普通のジャズファンにも分かりやすい耽美的なバラード弾きに落ちぶれてしまった…みたいなところだったんじゃないかと。まあ、その人生自体を耽美的に美化して語った日本の評論家に文筆の才があったという事かな?でも、音楽そのものを聴くなら、間違いなくこれでしょうという1枚だと思っています。ファンの耳が肥えてさえいればもっと飛躍出来ていただろうミュージシャンって、少なくないんですよね。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS