FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bill Evans / Explorations』

BillEvans_Explorations.jpg ビル・エヴァンス、1961年のピアノ・トリオ・アルバムです。ここからのビル・エヴァンスはジャズの超ビッグネームになって、年に2枚も3枚もアルバムが出るほど。この61年に至っては、この年だけでリーダー作が5枚。しかもうち3枚は今もジャズの名盤扱いです。生涯でいちばん儲かった年なんじゃないか…と思いきや、ギャラはあんまりもらえてなかったみたいですね。ジャズマンが貧乏なのは、日本だけじゃなくってアメリカもなんですよね。僕なんて、店がハネた後にお客さんの残したサンドイッチとか食ってたもんなあ(^^;)。

 この時には、ビル・エヴァンス最強の布陣と言われているスコット・ラファロ(b) にポール・モチアン(dr) というピアノ・トリオ。もう、ビバップやハードバップのベースやドラムと全然違って、まるでクラシックの室内楽、ベースがリズムを「ボンボンボン…」なんて刻まず、常にピアノのカウンターやオブリのラインを作り出します。
 そして、スタンダード演奏のために、若い頃にこのアルバムで聴きまくった曲が、「Israel」「Nardis」「How Deep Is The Ocean」「I Wish I Knew」といった曲…って、ほとんどアルバム全部ですね(^^)。このアルバムで、僕が一番好きな演奏は、月並みですが「I Wish I Knew」。このタッチ、ビル・エヴァンス以前のジャズ・ピアニストで出来る人はいないんじゃないか…。

 MJQ の多くの作品と同じように、このへんのビル・エヴァンスのレコードも、聴いてため息をつくような大人の音楽で、芸術音楽じゃないです。本人が望めばそっち方面にも行けたでしょうけど、そのへんはナイトクラブで夜な夜な演奏するジャズ・ミュージシャンの道を選んだ…でもそれも人生というもんですよね。バド・パウエルモンクみたいな人ならその人生を「自分の望み通りの人生だ」なんて嬉々として受け入れたでしょうが、ビル・エヴァンスみたいな人にとって、その道は複雑な心境だった気がします。それが独特の哀愁になって音に出てるのかも…というのは考え過ぎですかね(^^;)。でも、こういうタッチをジャズ・ピアノに持ち込むって、少なからず「ピアニズムというのは、本当は…」という気持ちはあったと思うんですよね。
 でも、聴く側の立場で言えば、ナイトクラブでこのレベルのものを聴けるなんて、当時のアメリカの大都市の音楽文化もとうとうフランスに追いついたか…って感じだったのかも。ベル・エポック時代のパリの音楽レベルに追いついたかも、な~んて思いながら聴いてました。素晴らしい音楽でした。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS