fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Michael Franks / Art of Tea』

MichaelFranks_Art of Tea  AOR を代表するシンガーソングライターのひとり、マイケル・フランクスが1975年に発表したセカンド・アルバムです。若いころ、どこが良いのかさっぱり分からないぬるい音楽にしか思えなかったAOR が、齢を重ねてから聴くとなんとも素晴らしく感じたりして。まったく自分の感性にも困ったもんです。後期ドゥービー・ブラザーズとマイケル・フランクスは、僕にとって「大人になるまで良さが分からなかったAOR」の代表格といってもいいかも。

 曲はミドルテンポで落ち着いたものが多く、演奏もハードに攻めるんじゃなくてメゾピで軽めにフュージョン的、ヴォーカルは中性的。夜に落ち着いた場所でリラックスしながら聴く音楽という感じで、ひたすら気持ちいい。超気持ちいい、ああ気持ちいい。中でも耳を奪われるのがフェンダー・ローズの心地よさで、これこそAOR という音楽を決定づけている楽器だと僕は思ってるんですが、この気持ち良さはやばい、こんな音、出すだけで気持ち良いじゃん、ずるいぜ。いったい誰が演奏してるんだ、とクレジットを見ると…うわあ、クルセイダーズのジョー・サンプルじゃねえか!やっぱりずるいぜ。なーんて言いつつ、ジョー・サンプルは、僕はクロスオーバー時代のクルセイダーズの演奏より、ポップスで演奏してるものの方が好きなんです(^^)。他にも、ベースがウィルトン・フェルダー、ギターがラリー・カールトン。曲によってはストリングスも入るんですが、これも前には来ないで後ろの方で微かになってるぐらい。

 僕がこのアルバムをはじめて聴いたのは高校生の時。何が駄目だったかというと、このヴォーカルの緩さと、曲がよく分からない所だったんじゃないかと。ヴォーカルはお世辞にもうまいとは言えないんですが、こうやって語るように歌うからこそ、この緩さが出てくるのかも。曲がはっきりしないのは、フュージョンやってる人がリードシート見て軽くセッションしたからじゃないかと。コードと歌メロしか形を認識できるものがなくて、印象的なオブリもカウンターラインも何もないもんで、曲の印象が残らなかったんじゃないかと。でも、この緩い雰囲気を楽しむ音楽なんだと思う事さえできていたら、若い頃でももう少し楽しめたんだろうな…いや、年齢的にも性格的にも、それを受け入れるのは無理だったかな。。

 僕、若いころにAOR の名盤に色々と挑戦したんですが、軟弱に思えるものが多くて、AOR のレコードをけっこう売っちゃったんです。中には大人になったら良さが理解できたものもあったんじゃないかなあ。でもこのレコードが残っていたのは、どこかにいいと思う所があったのかも。聴き方によっては茫洋として退屈に感じるかもしれませんが、「これは雰囲気を楽しむ音楽なんだ」と思う事さえできれば、意外とグッとくるかも。ああ、取っといてよかった(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS