fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山下和仁 / The Blue Guitar』

YamashitaKazuhito_BlueGuitar.jpg クラシック・ギターの山下和仁さんがカナダで録音したCDです。武満徹さんの「フォリオス」を除いて、ティペット、ウォルトン、ブリテンと、20世紀を生きたイギリス人作曲家の作品で固めてあります。…なんでカナダ録音なんだろう。

 20世紀の作品でも、イギリスの音楽ってドイツと違って全体的にあまり前衛じゃないです。ただ、ギター曲に限っては、ギターのメカニズムに合わせた作曲になって、ギター音楽ならではの現代性が出てくる感じ。ブリテンなんて、これが20世紀の西洋の作曲家かというほど保守中の保守な作曲家ですが、このCDに収録されたギター曲「ノクターナル」だけは、独特の響きを持っていて、かつ楽曲様式も独特。ブリテンでこの曲だけは好きなんですよね、僕(^^)。それはティペットも同じで、大体の曲はあんまり好きじゃないんだけど、このアルバムに入ってる「ザ・ブルー・ギター」は、かなり好き。ウォルトンは…実は、作曲家自体をよく知りません(^^;)>。。でもこれもブリテンやティペットのギター曲と同傾向と言えるかも。でも、3人の中ではいちばん面白くないかな?

 ギター曲に限っては、20世紀のヨーロッパ音楽で独特な道を歩んだように思います。ピアノ曲や管弦楽曲と全然違う道で、調を感じるけど独特の響き。これって、もしかするとギターの構造的に、無調的にしようとしても、どうしてもある程度調性感は出てしまうという事なのかも。また、制限の多い楽器なので作曲をするのがギタリスト自身である事も多く、そうなると作曲の最前線をベースにした曲じゃなくて、自分が学んできた曲の作曲技法から作曲しちゃう事が多いのかも。ヒナステラもディアンスもそうだし、ギター曲の中では比較的前衛寄りのブローウェルですらそんな感じだし。そして、ギター的なメカニカルな動きも、これは音楽よりも楽器を前提にこうなってくるのかも。20世紀のギター曲、僕は好きだなあ。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS