FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charles Gayle 3 / Precious Soul』

CharlesGayle_PreciousSoul.jpg 同じくドイツFMPから発表されたチャールズ・ゲイルのアルバム、今度はチャールズ・ゲイルのリーダーバンドで、ベースとドラムとのトリオです!録音は1997年、ライブ録音でした…が、これも音が良かった(^^)。FMPというレーベルはライブ録音ばかりだけど、とにかく録音が良いものが多いレーベルでした。ジャズって、スタジオ録音よりライブでしっかり録音した方が音が良かったりしますよね、変に楽器の音が分離しなくて済むというか。

 『Touchin' on Trane』がけっこうジャズ的なフリーだったのに対して、こっちはドラマーがインテンポでビートをキープしない事もあるのか、3者がインタープレイで音楽を進めていくからか、制約を離れて自由になった印象でした。力任せで情熱だけで進めていくアタマの悪そうなフリーじゃなくって(^^;)、かなり戦略的というか、頭脳的なグループ・インプロヴィゼーション。ああ、これは面白い。。
 そして、2曲目ではなんとチャールズ・ゲイルがテナーサックスではなくピアノを弾いてる!しかもそれがモンクっぽくて面白い(^^;)。フレーズの最後にスケールを駆け上がるフレーズを入れてくるところなんて、まんまモンクです。4曲目もピアノなんですが、これなんてテンションも綺麗に挟んでいて、見事なジャズです。ああやっぱりちゃんと音楽を学んだ人なんだな。下手すると、サックスの演奏よりピアノの方がいいかも。

 大音量でゴリゴリ押すのではなく、全体的に内省的なフリージャズでした…だから「プレシャス・ソウル」なのかな?曲によってキャラクターの違いがはっきりしていて、ゴリ押しに行かずにインタープレイがあって、すごく良かったです。このCD、今ではかなり入手困難みたい…というかFMPのCD全体がどれもプレミア化が進んでるみたいなので、聴きたい方は安いうちにゲットしておきましょう!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS