FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『マージナル・ポリネシアの音楽』

MarginalPolynesia.jpg オセアニアの音楽、次はポリネシアです!ところで、このCDのタイトルになってる「マージナル・ポリネシア」というのは、「辺縁部ポリネシア」ということみたいです。ミクロネシアメラネシアより広い範囲に渡るポリネシアは、ニュージーランド、イースター島、ハワイ島を結んだ三角形の間にある島々。国としては、ニュージーランド、キリバス、ツバル、サモア、トンガなど。どこかの国の領では、クック諸島(ニュージーランド領)、ハワイ、ミッドウェー、ジョンストン(合衆国領)、イースター島(チリ領)など。このCDには、フィジー、ツバル、ウォリス・フツナの音楽が入ってました。う~ん、恥ずかしながらウォリス・フツナがどこにあるか分からん…うお~ちっちぇえ、フランス領で人口も1万人ぐらい、こりゃ島の人はみんな顔見知りだな(^^)。

 フィジーの音楽。辺縁部ポリネシアのCDに入ってるという事は、フィジーは辺縁部という事になるんでしょうが、かつてはフィジーこそがポリネシア民族の中心地だったらしいです。元々はポリネシア民族が住んでいたところにイギリスの植民地となり、イギリスは砂糖生産の労働力としてここにインド人を大量に連れてきたために、今ではフィジー人5割、インド人5割という人口比で、それぞれの文化は融合しないままはっきり区分されてるんだそうで。それにしても、大航海時代以降の白人がやってきた事はあまりにむごい。。このCDに入っていたのはフィジー人の音楽のみ7曲、うち6曲が舞踊音楽でした。リズムが強いものでも比較的穏やかなものが多かったかな?打楽器を叩きながら、みんなで2小節単位で循環する同じフレーズを何度も繰り返し歌いながらアッチェルしていくものが多かったです。ギターが入った長調のハワイアンみたいな歌もありましたが、これは白人音楽が入り込んだ結果なんでしょうね。

 ウォリス・フツナの音楽も、入っていた6曲すべてが舞踊音楽。フィジーよりもビート強調でアップテンポ、歌は入らずに途中に「ハッハッハッ」「イイ~ッ」みたいな絶叫系の合いの手がいっぱい入って、まるで人食い人種の儀式みたいでヤバカッコいい(^^)。いや~これは燃える、必聴ものです!!9曲目「TAKOFE」がやたらと攻撃的な音楽だと思ったら「槍踊り」、10曲目「TAOFAI」が異様にヤバそうと持ったら呪術系。音に意味がにじみ出るもんですね。。

Tsubaru.jpg ツバルの音楽は3曲、ぜんぶ手踊りの音楽でした。色んなものを叩きながら歌い、アッチェルしていっていきなりビタッと終わります。歌自体は、けっこう民謡チック。民謡って、日本でもヨーロッパでもこういうところでも似るもんなんですね。ところで、叩いているものの中に、どう聴いても石油の一斗缶としか思えないものも混じってるんですがそれは(^^;)。

 メラネシア、ミクロネシア、ポリネシアの音楽をまとめて聴きましたが、ネイティブな音楽は、差があっても誤差みたいなもんで、同じ音楽文化が共有されている印象でした。舞踊音楽が多いのがひとつの特徴で、オセアニアの舞踊というと、手をひらひらさせる女性中心の優雅な手踊り、腰を振りまくる激しいポリネシアン・ダンス、そして思いっきり男性的な呪術舞踊や戦闘舞踊の3つが代表的なものなのかな?舞踊音楽はボディパーカッションをふくむ打楽器を用いて、2小節とかのかなり短いものをくりかえすものが多くて、かなりプリミティブ。これが優雅なものになるとひたすら気持ちよく、戦闘舞踊あたりになるとかなり燃える!いずれもトランスしそうなところが最高によかったです。オセアニアの島々、昔は部族同士の争いがすごくて、その後は植民地にされて奴隷労働を強要されたんだろうけど、今は南の楽園になっててくれるといいな。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS