『Bill Evans & Jeremy Steig / What's New』

BillEvans_WhatsNew.jpg ビル・エヴァンスのピアノトリオに、フルートのジェレミー・スタイグが参加した形のジャズです。このジェレミー・スタイグというフルーティストが実に個性的で、簡単に言うとすごく熱いんですよね。これがカッコいい!!
 ビル・エヴァンスというと、その性格上の事かとは思うのですが、非常にメロウな方というか、音楽的にいえば和声アプローチ上のサウンド方面に意識が流れてしまいがちなピアニストかと思うのですが、このセッションではジェレミー・スタイグに引っ張られるかのように、非常にストレートで激しい演奏を聴かせてくれます。うわ、ストレートなアップテンポ曲でもこんなに弾ける人だったのか…と驚かされてしまいました。それが際立っているのが1曲目の"STRAIGHT NO CHASER"。いやあ、フルートといいピアノといい、またスナッピーの効いた、煽るようでありながら軽快なドラムのブラシ捌きといい、聴いていて実に気持ちのよい演奏です!!"AUTUMN LEAVES"も、ミディアムではなくアップで演奏していて、すごく気持ちいい!ここではベースのエディ・ゴメスのソロが実に見事です。この人、うまいなあ。
 他にも"LOVER MAN"とか"WHAT'S NEW"のような、いかにもエヴァンス・トリオの得意そうなスロー~ミディアム・ナンバーはいいに決まっているのですが、ここでもスタイグのフルートがすごくいい!!なんというか、フルートという楽器はもともと息の成分が強い楽器だとは思うのですが、この人の演奏はそれがとても顕著で、例えばアタック音のところで尺八みたいにブレスだけが「ブシュッ」と入ってからフルートの音が入ってくるような表現を使ったりして、ある意味で肉声であるかのよう。これが、曲にすごい表情を与えているし、またフルートの表現にも強く影響しているように思えるのです。いやあ、素晴らしいです!
 もうひとつは、B面に入っている"SPARTACUS LOVE THEME"。これは映画「スパルタカス」に入っている曲ですが、大変に美しい和声進行とメロディを持った曲…なんですが、劇的構成に欠けるというか、同じコード進行を何度も繰り返すだけという弱点を持った曲でもあります。しかしそれが、アレンジの妙でまったく飽きる事無く、大変に素晴らしい音楽になっています。いやあ、これはセッションなんていう一言で片づけられるものではありませんね。すばらしいです!

 というわけで、ビル・エヴァンス作品としてはちょっと異色のアルバムかも知れませんが、このアルバムを嫌いなんていう人はまずいないんじゃないかと。大おススメの1枚です!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド