FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『矢沢永吉 / ゴールドラッシュ』

YazawaEikichi_GoldRush.jpg 永ちゃん、1978年発表のソロ4枚目のスタジオアルバムです。参加ミュージシャンは木原&相沢の矢沢ファミリーに加え、ベースに後藤次利(ベースが動きまくりでメッチャかっこいい!この時代の矢沢さんのスタジオレコーディングのキーマンのひとりは、間違いなく後藤次利さんだと思います)、キーボードに坂本龍一ドラムはポンタさんにつのだひろ、パーカッションは斉藤ノブ、ブラスセクションはジェイク・E・コンセプション…日本のスタジオミュージシャンのトップがズラリです。そりゃいい演奏になるわな。。

 ソニー時代の矢沢さんの代表作といわれる事もあるこのアルバム、いい曲が集まっているかというと、意外とそんな事なかったです。素晴らしいのは曲じゃなくてアレンジ。B面1曲目「さめた肌」は、冒頭は無伴奏のギターリフで始まるんですが、リズムが入ってくると、リフの1拍目が休符だったことが分かり、これでリズムがよじれて感じるというからくり。人って最初に出た音を1拍目として数えるじゃないですか。それを利用したトリックですね。
 ストリングス・アレンジが巧みなのはA面1曲目「ゴールド・ラッシュ」。ヘビーロックナンバーだったこの曲、後半になってストリングスが重なっていき、リフに対するオブリとなり、次第にリフがバッソ・オスティナートと化して弦が主旋律に入れ変わる…ロックバンドをメインにした楽曲で、よくこんなアレンジを思いついたもんだと思いますが、誰が考えたんでしょうか、すごい。このアレンジが、洋楽では絶対に聴けない素晴らしい音楽を作り出したと思っています。
 アレンジのもうひとつの秀逸さは、増やすのではなくて、引き算の美学。良いアレンジは余計なものがひとつもないアレンジなんて言いますが、録音した後に、いらないものを消していく作業もしている形跡があります。例えば、「今日の雨」という曲だと、歌メロに対してオブリを挟むリードギターがかすかに聴こえるんですよね。これって、演奏はしたものの、曲の後半から入ってきた方がドラマチックになるから前半をカットしたんじゃないかと。でも、他のブースに音がもれていて、よく聴くとかすかに聴こえる…みたいな。

 そして、やっぱり詩が素晴らしいです。このアルバムの詩でシビレタのは、なんといっても大ヒットした「時間よ止まれ」。作詞は山川啓介さん。このカッコよさは今さら僕が説明するまでもないですね。こんなセリフ、軽い人が言ったら歯が浮きそう。「時間よ止まれ」なんて言って成立するヴォーカリストって、どれぐらいいるでしょうか。沢田研二に矢沢永吉…あとはちょっと思いつかないなあ。

 汗をかいたグラスの冷えたジンより、光る肌の香りが俺を酔わせる
 思い出になる恋と西風が笑うけれど、この人に賭ける

 3枚目『ドアを開けろ』から5枚目『Kiss Me Please』まではどれも矢沢さんの初期代表作といっていい完成度ですが、ことアレンジに関していうと、このアルバムがいちばん優れているんじゃないかと。70年代日本の超一流スタジオミュージシャンが結集して作ったアルバムとしても秀逸な1枚と思います!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS