心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『AMM / Live in Allentown USA』

AMM Live in Allentown USA ジャズに分類しましたが、この音楽は現代音楽に分類する事もロックに分類する事も可能なんじゃないかと。ひとつ言える事は、これが商業音楽ではなく、紛うこと無き芸術音楽であるという事。しかも、相当にシリアスな芸術音楽と言って間違いないのではないかと。

 このグループの歴史はかなり古く、僕の持っているレコードで一番古いものは60年代の録音となっているので、相当に古くから活動を続けているグループと思います。そしてこのアルバムは1994年のライブ録音。実に長期に活動を続けているグループなのですね。

 音楽の説明をする前に、とにかく素晴らしい!聴いていて芸術的な感動を覚えてしまうというか、音楽の本質的な所というのが全て詰まっているんじゃないかと思わされる音楽です。で、音楽の内容というと…大変にアヴァンギャルド。このアルバムの編成は、ピアノ、ギター、パーカッションというトリオですが、この編成から想像できるような音楽を想定すると、多分全然違うんじゃないかと。
 まずピアノですが、現代音楽のジョン・ケージとかモートン・フェルドマンあたりのピアノ音楽を想像すると近いかも。楽曲の構造の軸になるようなフレーズをひとつ放り込んだ後は、プリペアドの響きであったり、サウンドの1音1音が実に刺激的です。しかし、それが音色ばかりのハッタリでない所が凄い。で、要所要所はこのピアノが音楽の構造を作り上げていく。このピアニスト、ジョン・ティルバリーという人なんですが、相当なやり手と思います。AMMのオリジナルメンバーではないようですが、彼はこのパフォーマンスのキーマンだと思います。
 ギター。これはもうギターの原形を留めていないというか、こする、叩く、ひっかくという感じの演奏。場合によっては発信機のような使い方までします。いやあ、これがまたデタラメには到底聞こえなくって、こするというひとつの表現にしても、それを実に見事に演奏しています。これは本物のアヴァンギャルドだな…と思わされました。で、AMMらしさというのは、このギタリストによって齎されているのではないかと。
 パーカッション。かなりドラムセットに近い楽器編成だと思うのですが、ジャズ系ではなくてフリー・インプロヴィゼーション系といった感じのパーカッションで、しかもメチャクチャにうまい。煽るところの演奏が巧みである事は勿論なのですが、タムだかコンガみたいなものだけでシーンを作ってしまう所があったりと、作曲的な視点も見事。

 そしてこれがトリオになると…これは完全即興演奏なんじゃないかと思うのですが、音楽全体のコントロールがグループ全体でメチャクチャにうまい。完全即興って、演奏家それぞれが自分のやりたいようにやり続けるだけの演奏を利かされる事が多いのですが、そういうものって、僕には聞いてられません。バカなだけにしか思えないんですよね。しかしこれは、3者ともに音楽全体を見据えて演奏していて、抜き差しとか、音楽のシーンの意味付けとかが実に明確です。音が要らないと思ったら、ギターなんて十分以上も音すら出さずに待ったり。いやあ、音楽としてこれは超1流です。

 アヴァンギャルドの本質を突いた見事なグループによる奇跡の演奏。見事な音楽と思います。これは超おススメ!!


関連記事
スポンサーサイト

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS