FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ヴェルディ:歌劇《アイーダ》全曲 レヴァイン指揮、メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団』

Verdi_Aida_Levine.jpg スエズ運河を作った時に出来たカイロ歌劇場のこけら落としの演目としてヴェルディに作曲依頼が来たのがこのオペラの始まり。というわけで、エジプトを舞台にした壮大なオペラです!…って、内容はやっぱり椿姫リゴレットと似て、少女漫画風なんですけどね(^^)。ストーリーはこんな感じです。

 古代エジプトはエチオピアと戦争してました。エチオピアの王女アイーダはエジプトの捕虜となっていましたが、うまく身分を隠してエジプト王女アムネリスの召使いになってます。そんなアイーダは、エジプトの将軍ラダメスと恋仲。一方でアムネリスは将軍に恋慕。
 エチオピア討伐に成功した将軍は国王に褒美としてアムネリスを与えられますが、アイーダを好きな将軍は困ってしまいます。ついでに、この戦の捕虜の中にエチオピア国王にしてアイーダのとうちゃんが混じってます。とうちゃんはラダメスをそそのかしてエジプトを滅ぼそうと提案、そこにアムネリスが来て、将軍はとうちゃんとアイーダを逃がしてやります。
 これに怒ったエジプト国王は将軍ラダメスを地下に幽閉。しかしその地下にはアイーダが忍び込んでいて、将軍ラダメスとアイーダは抱き合って、ふたりで死を共にする。

 音楽ですが、エジプトが舞台ではありますが、プッチーニの「蝶々夫人」みたいに異国情緒たっぷりに仕上げてあるわけじゃないです。有名な「凱旋行進曲」がいい例で、エジプト音楽なんてまったくといっていいほど取りいれてない(^^)。いつか、エキゾティカという音楽を紹介した事がありましたが、西洋世界って自分たちが中心であって、他の世界の理解というのも、異文化を理解しようとするんじゃなくって、あくまで自分たちで思い描いたイメージで済ませるんですよね。現代のグローバリゼーションの考え方に「自分たちを中心に世界をグローブする(掴む)」という考えがあると思うんですが、そういう自己本位な考え方は十字軍遠征の時から何にも変わってないです。

 そしてこのオペラ…ああ、また主人公が愛のために死んだ(T_T)。このメロドラマなパターンが、19世紀イタリアのオペラのパターン、舞台がエジプトだろうが現代だろうが関係ないです。日本の昔の少女漫画の多くは、ぜったいに19世紀オペラを題材にしてるな。そして…ワンパターンだと分かってるのに泣ける。。どうせ映画やテレビドラマを見るなら、オペラは話が映画やテレビ以上に面白いし、音楽は完全に上を行ってるので、たまにはオペラを見るのもいいんじゃないかと(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS