FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Chet Baker & Art Pepper / Playboys』

Chet Baker ArtPepper_Playboys これも1956年録音のアート・ペッパー参加セッションです。ウエストコースト・ジャズきってのイケメンのチェット・ベイカーとアート・ペッパーの共演盤という事で、タイトルが「プレイボーイズ」…ど直球だな(^^;)。売るためには何でもありなセンスがアメリカだなあ。ところでこのレコード、3管なんですがテナーサックスのフィル・ウルソはプレイボーイじゃないのか、それはそれでかわいそうだ。メンバーは、Chet Baker (tp)、Art Pepper (asax)、Phil Urso (tsax) の3管に、リズムセクションはCarl Perkins (p)、Curtis Counce (b)、Larance Marable (dr)。

 ヘッドやトゥッティ部分こそ書かれてますが、あとは全部オープンパート、セッション的なアルバムでした。ところで、管アレンジって、同じ3コースでもイーストコーストとウエストコーストで匂いが違うと感じるのは僕だけでしょうか。もちろんそう思わない曲もあるんですが、「Resonant Emotions」あたりはウエストコーストだなって感じます。分析すればウエストコーストらしさを出してるノートとか、なんかあるんでしょうね。テナーサックスの動きがそうなのかな?

 明るい曲想の曲を、跳ねるように楽しげに演奏するものが続きますが、目が笑ってないというか、どこか棒読みのセリフのような、ショーとしてやってる感じがしました。まあ、「チェット・ベイカーとアート・ペッパーの共演だ!」なんて感じで、いかにも音楽とは関係ない所で作られた企画っぽいですしね、セッションでサクッと普通にやったら大体これぐらいの所に落ち着きそう、みたいな音でした(^^;)。当時のレコード会社が考えていたジャズって、「楽しくリラックスした時間をあなたに!」ぐらいのものだったんだろうなあ。こういう安易な事やってるから、ウエストコースト・ジャズは廃れていったわけですね。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS