FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Art Pepper Quartet』

Art Pepper Quartet これもアート・ペッパーの1956年録音です。ようやく自分のリーダーグループ、ワンホーンカルテットだ!失敗を乗り越え、色んな下積みをして認められて一本立ちという、人生の正しい道を進んでる典型と言えそう…って、この後もアート・ペッパーは麻薬中毒で刑務所や病院に何度も入るんですよね。。まあそれも昔のジャズマンなら普通にあった事で、人間らしいですよね(^^)。最近は細かい事で世間がうるさすぎる…。メンバーは、Art Pepper (asax)、Russ Freeman (p)、Ben Tucker (b)、Gary Frommer (d)。

 若い頃に聴いた時にはあまりに普通すぎて、良さが分からないレコードでした。特に目立ったアレンジを施してるわけでも、「うおお、すげえ!」って演奏が聴けるわけでも、レイドバックしまくった気持ちいい演奏なわけでも、楽しい気分になるエンターテイメントでもないんです。でもいま聴くとなんかいい…独特の涼しさがあって、それが良いと感じてるみたい。演奏が落ち着いていて、アドリブでツーファイブの速いフレーズを叩きこむときでも熱くなるんじゃなくて音色を大事にして演奏していて、そういう所が大人に感じるんです。この演奏をした時のアート・ペッパーはまだ若いはずなんだけど老練してるというか。バンドもチェット・ベイカーとの共演の時みたいな即席のジャムセッションという感じじゃなくて、けっこういい感じ。なるほど、アート・ペッパーの名盤のひとつに数えられるのも分かるなあ。

 けっこう渋い音楽なので、ジャズファンじゃない人が聴くと面白くないだろうし、ジャズファンでも若いと「たいくつだな」と思っちゃうかも。でも、ウエストコーストジャズのクールさを良いと感じられるぐらいの年齢になって聴くと、これがなかなかよかった(^^)。大人になると、このぐらいのクールさが心地よくなったりするんですね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS