FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Art Pepper Quartet / Modern Art』

Art Pepper Quartet Modern Art これは1956~57年録音ですが、56年録音も入ってるので今回の56年のアート・ペッパーをまとめて聴くぞ大会の中に入れてしまおう、そうしよう。メンバーは『The Art Pepper Quartet』とドラムだけ変わっていて、Art Pepper (asax)、Russ Freeman (p)、Ben Tucker (b)、Chuck Flores (d)。

 あれ?こんなにいいレコードだったっけ?これはいいぞ…『The Art Pepper Quartet』がけっこう普通だったのに比べて、アルバム全体にレイドバックした心地よさが漂っていて最高に気持ち良かったです!2曲目「Bewitched」なんて絶品の心地よさでした(^^)。
 でも癒し系なだけでなく、なかなか考えて作られたアルバムだとも思いました。まず、8曲中4曲がアート・ペッパー作曲となかなか気合いが入ってます。そしてアルバムの構成に工夫があって、最初と最後にブルース曲を置いていて、これでアルバムの印象がかなりブルージーになったんじゃないかと。例えば、1曲目「Blues in」とラスト曲「Blues out」はベースとのデュオで、ベースはあくまで四分音符でコードのバスを提示する程度で、ほとんどペッパーさんのブルージーなアドリブを堪能するだけにしてあります。そしてこのプレイがめっちゃいい!!アート・ペッパーは白人だけど、スタン・ケントン楽団にいたからこういう黒いアプローチも出来るんだなあ。そして「Cool Bunny」はアップテンポの曲で、しかしやかましくならずに品よく決めます。いやあ、これはいい。。

 アート・ペッパーの名盤と言ったらマイルス・デイヴィスのリズムセクションと共演した『Art Pepper Meets the Rhythm Section』をあげる人が多い気がしますが、あれはウエストコースト・ジャズのリラックスしたシャレオツな感じがなくって、悪くはないけどウエストコースト・ジャズらしくないです。そんなわけで、僕の中でのアート・ペッパー最高傑作はこれ!このレコード、マイナーレーベルから出たもんだから昔は入手が難しかったらしいですが、今ではウエストコースト・ジャズの大名盤として容易に入手できます…いい時代になりましたねえ(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS