FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『マリア・カラス オペラの歌い方 ジュリアード音楽院マスタークラス講義』 ジョン・アートイン著

MariaCallas_Opera no utaikata マリア・カラスがジュリアード音楽院で行った講義録です。これは聴く専の人が読むものではなく、アマチュアであるにせよ自分でオペラをやっている人向けでした。というのも、この本の大半が、オペラの有名な演目のある個所をどのように解釈し、どのように歌うかという事に割かれていたもんで、そう思いました。僕が読む本じゃなかった(^^;)。

 でもって、ベル・カントとか呼吸法とか発声法とかディクションとかの指導はしていなくて、それは出来るのが大前提で書かれていました。なるほど、マスタークラスですね。この本、ニコラ・レッシーニョという指揮者とマリア・カラスによる短めのプロローグ、そして本編の講義が73曲分300ページ超!そして短いエピローグという感じです。本編は、この間日記に書いたヴェルディ「リゴレット」「アイーダ」とか、他に自分がCDで持ってるオペラの曲のところしか読んでません(^^;)。

 というわけで、この本の本来の読み方じゃない事は重々承知してるんですが、僕は最初の序文で大いに勉強させられました。指揮者レッシーニョの言葉では、長年の上演で形成されてきた「こうすると良い」という伝統が、学ばれもせずに壊されるのはどうなんだい?かといって伝統になんでも従えというのも違う。要は、伝統的な歌い方が求められる理由を学ぼうとも理解しようともしないところがまずいんだ、みたいな。で、この本は、口伝で伝えられてきたオペラの伝統がはじめて書物としてまとめられたものなんだそうで。
 マリア・カラスの序文で、みのがしやすそうだけど重要な事を言ってそうな部分。「歌えるようにするには、どのように呼吸をしたらよいか等をきちんと学ぶ」、「声はしかるべきポイントに運ばれれば、音量は大きすぎず、同時に響くようになる」。特に個人的にずっしり来たのは、「ステージに立ち始めると勉強に戻るのが難しくなって、これは深刻な問題。だからといって、謙虚さはこの世界に生きるには美徳とならない」。なるほど、これって出来るようになるまでステージに立つのを拒んでばかりではダメだと言ってますよね。出来ないのにステージに上がる決断をすればいいわけではないでしょうが、出来なくてもステージに上がる決断をする何かを持っておけ、ぐらいに覚えておきたい言葉でした。

 本当のマスタークラスのところは1/3も読んでないんですが、なるほどプロの世界はこれだけ細かい所まで考えを張り巡らせて作りあげてるんだな、と感動を覚えました。アマゾンのレビューとかで、どう見ても音楽を学んだことすらなさそうな人が偉そうな上から目線で書き込んでる事がありますが、こういう本を一度でも読んだ事があるなら、絶対にああいうことは書けないんじゃないかと思っちゃったりして(^^)。ピアノだとショパンの弟子がこういう本を書いてくれていますが、オペラをやる人は絶対に読んでおくべき本じゃないかと思いました!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS