心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『EXIAS-J electric conception / avant-garde』

exias_avantGarde.jpg 前の記事で「音楽的にハイレベルな即興系アヴァンギャルドというのは、イギリスのAMMと日本のEXIAS-Jしかない」と書きました。で、これがそのEXIAS-Jというグループ。しかし、なんと読んでいいのか分からん(^^;)。つまり、"EXPERIMENTAL IMPROVISERS' ASSOSIATION IN JAPAN"の略なんだそうで。なるほど、アヴァンギャルドというよりはインプロヴィゼーションという所にグループの趣旨があるようですね。
 で、このグループですが、真相は分かりませんが、一聴した感じでは、ギターがリーダーなんじゃないかという気がします。そういう意味でいうと、全員対等のAMMのグループ・インプロヴィゼーションとはちょっと印象が違うかも。でもって、こちらの方が超絶プレイが多いというか、単純にうまいです。アヴァンギャルド的な表現は徹底的にアヴァンギャルドなんですが、フリージャズっぽいところとか、現代音楽っぽいところとか、シーンによっては器楽的なアプローチも多いです。これは、ギターが超高速で弾きまくる所とか、ピアノがまたものすごくうまく音楽を作るところなんかが目立つので、そう感じるのかも。ミュージシャンのレベルは、演奏だけでなく、作曲的な面からも相当に高いと思います。いやあ、こんなグループを自分で作ってみたかった。。こんな事できたら、カッコいいだろうなあ。

 このCD、もう音が録音機器のピークを振り切っちゃってて、ビキビキと割れまくってるんですよ。横浜エアジンの録音みたいなので、いくらなんでもPAしてると思うんですよね。それでも、ギターが一気に持っていくところなんか、ピアノどころかドラムまで完全にマスクされるし、更にライブ・エレクトロニクスが被さるところなんかはそのギターまで掻き消されるほどの勢いです。いやあ、ロックですらこれほどの音圧を体験するのは難しいんじゃないかと。でも、だからといって音の暴力一辺倒になるかというとそんな事は全くなくって、音楽そのものはむしろ理知的ですらあります。驚くべきは1曲目。どう聴いたってインプロヴィゼーションなんですが、サウンドは強烈、しかし構造はセシル・テイラー並みに見事、そしてすべての楽器の音が溶け合うぐらいの物凄いクライマックスまで音楽が上り詰めて行って…一気に全員が音を切って、最初のパートに戻るのです!!うわ、これはマジックだ。。一体どうやって演奏したのか、返す返すも、このグループは生で見てみたかったです。

 これこそ本物のアヴァンギャルドでしょう。最も凶暴な部類に属するインテリジェンスと思います。



関連記事
スポンサーサイト

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS