fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モンテヴェルディ:聖母マリアのための夕べの祈り ピケット指揮、ニュー・ロンドン・コンソート』

monteverdi_SeiboMaria no Tameno_Pickett_NewLondonConsort これもピケット指揮ニュー・ロンドン・コンソート演奏によるモンテヴェルディ作品です。これはオペラではなく、教会音楽。バッハが「マタイ受難曲」みたいな巨大宗教音楽を作るまでは、これがもっとも大規模な宗教音楽だったんだそうです。ワクワクしながら聴きはじめると…おや、つい最近聴いたファンファーレが鳴ってるぞ…冒頭の「ヴェルシクルム<神よ、わが助けに>」という曲、オペラ「オルフェオ」冒頭のトッカータにそっくりでした。グレゴリオ聖歌から定旋律を持ってきてるし、当時は引用はよくやる手法だったのかな?J○SR○Cもないしね(^^)。あ、そうそう、この曲、ローマ・カトリックの聖務日課のうち晩課に指定されているそうです(^^)。

 聴いていて一番感じたのが、ものすごく技巧的な宗教曲だな、という事でした。まず、宗教曲なのに合唱ではなく独唱パートがけっこう多くて、しかもその独唱パートがとってもカンタービレ。そして、声の重なり方が宗教曲とは思えないほど技巧的です。単声だっだものが2声になったり元に戻ったり、3声も4声も追いかけるカノン状になったり平行オルガヌムみたいになったり3コースの合唱になったり。う~んこれはモンテヴェルディの作曲によるものなんでしょうか、それともピケットの意図によるものでしょうか。もしこれを聖職者が歌っているのだとしたら、聖職者さんたちはかなりの音楽レベルを要求されるんじゃないかと。まず、出たり入ったりする和声、複雑なカノン、そしてかなり高い個人技を要求される第9曲のコンチェルトの細かいメリスマなんて、ポップスやロックのヴォーカリストじゃ、プロでもちょっと歌えないんじゃないかなあ。

 というわけで、個人技ありカノンあり和声ありと、ものすごい多層構造な宗教合唱曲でした。これはちょっとびっくり、プロ合唱団が歌ってもなかなかの難曲なんじゃないかと。こういう曲を「宗教曲です」とかいって平然と教会に提出しちゃうモンテヴェルディって、かなりとんがった人だったんだろうなあ。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS