FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルスミラ・カルピオ Luzmila Carpio / un people qui ne chante pas est un people mort』

Luzmila Carpio un people qui ne chante pas est un people mort ペルーを南下すると、海岸線はチリ、内陸部はボリビアに接します。ボリビアって、アルゼンチンにもブラジルにもペルーにもチリにも接してるので、地理だけでなく文化的にも南米のど真ん中って感じがします。日本では南米のフォーク音楽を「フォルクローレ」と呼ぶ事が多いですが(本当は南米じゃなくったってフォーク・ミュージックはみんなスペイン語でフォルクローレというはず)、それってアンデス山脈に接した地域のインディオが演奏したものをいう事が多く、しかもボリビアのグループが紹介される事が多い印象です。ボリビアは、インディオが多く残ってる地だからなんでしょうね。同じアンデス沿いと言っても、コロンビアはもっと黒い人が多いイメージですし。
 そんなわけで、これはボリビアの女性歌手ルスミラ・カルピオのチャランゴ弾き語りのCDです。いわゆるインディオによるフォルクローレで、チャランゴの他にジュラ(パン・フルート)チャイチャス(カバサみたいな振りものの打楽器)の伴奏も入っていました。録音は1983年で、ラジオ・フランスのスタジオでの録音。

 これは僕が思ってる南米インディオのフォルクローレにちかくて、「コンドルは飛んでいく」みたいな雰囲気の曲がいっぱい入ってました。そして、曲というより詩に近いものと感じました。言葉に少しだけ節をつけて、伴奏がついてるぐらいの感じ。素朴です。

 ルスミラ・カルピオさんはケチュア語を話すケチュア族(インカ帝国を興した民族)の末裔のインディオ。ルックスは思いっきり黒髪のモンゴロイドなので、純正のネイティブ・アメリカンなのかも。そういう人なので、CDに入ってるコメントがなかなか辛辣でした。「スペイン征服以降、ケチュア族もアイマラ族も恐怖で皆黙ったままで、鉱山や工場で昼夜働かされている。だから私は兄弟たちのために歌う。」「征服者たちは彼らの言葉を無理やり押しつけたけど、私はケチュア語で話して歌う。」「征服者たちは私たちを野蛮人と呼んだけれど、それは私たちが自然と調和を保って生きてきたからだ。」反論のしようがありません、ごもっともです。これは立派な思想で、もしかすると今の西洋文化が持っている哲学よりも正しいかも知れないなあ…。
関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS