FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『豊穣への祈り~アンデスの祝祭音楽 グルーポ・パクシ・カナ Grupo Phaxsi Qhana』

Houjou heno Inori これは面白かった!南米の民族音楽というと歌音楽かそれをインスト化したようなフォルクローレを聴く事がほとんどでしたが、このCDは儀礼音楽でした。国で言えばボリビアになるみたいですが、ボリビアと括るよりもアンデスの伝統音楽と把握した方が良さそう。というのは、なんとインカ帝国時代の名残がある音楽だそうです。

 まず、このCDを聴いて本当に良かったと思った事。僕は、南米の伝統音楽はフォルクローレだと思ってたんですが、実際にはアウトクトナ音楽というものがより伝統音楽に近いものなんだそうです。フォルクローレの成立は意外と新しくて、2次大戦後の農地改革と関係して、農地の音楽の要素を取り入れた都市音楽が形作られたものなんだそうで。へえ、ユパンキなんかは30年代の録音とかあるけど、あれは後からフォルクローレって呼ばれるようになったのかな。まああれはスペインのクラシック・ギターっぽいしな。このフォルクローレの形成に決定的な役割を果たしたのがチュキサカ県のマウロ・ヌニェスというミュージシャン。一方、ラパス市ではスイス人も加わったロス・ハイラスというグループが活躍して、これで現在までつながるフォルクローレのスタイルがだいたい確定したんだそうです。
 でも、ボリビアの心だとか「民俗」音楽なんて呼ばれる事になったフォルクローレですが、音楽的にはけっこう西洋音楽で、農村部にあるリアルな民俗音楽とはぜんぜん違うものだった事から、フォルクローレに対するアンチテーゼとしてアウトクトナ音楽を主張する動きが起きたんだそうです。ちなみに、フォルクローレとアウトクトナの中間ぐらいの音楽にシクーリ(シクリアーダ)という音楽もあるそうです。

 というわけで、これはフォルクローレ誕生以前からボリビアに存在していたアウトクトナ音楽を演奏するグルーポ・パクシ・カナというグループの演奏でした。リーダーはなんと日本人の杉山貴志という方で、ボリビアの伝統音楽の伝達と保存を目的に作られたグループなんだそうです。
 ボリビアは国土の半分が低地平原地帯、でも人口の大半はアンデス高地か渓谷地帯なんだそうで、村ごとに音楽が違っているそうです。それをこうやって色々演奏できるのは、土着の音楽そのものではなく、それを採取して保存してる楽団だからできる技なんでしょうね。

 ジャケット写真を見ると分かりますが、使われる楽器はシーク(パンパイプ)と打楽器。大きな打楽器、音はバレルドラムそのものでした。シークはユニゾンの合奏。こうして奏でられる音楽は…印象でいうと厳かな感じで、そのゆったりした感じが仏教音楽や雅楽っぽかったです。太鼓も派手にバンバン叩くのではなく、ゆったりと「タン、タン、」みたいに叩いてました。シークも技巧的ではなくて皆でシンプルなフレーズを繰り返し合奏。そうそう、シークはアルカとイラの2つで一対らしく、ふたりいないと旋律が完成しないんだそうです。シークを使った音楽のすべてがそうとは思えないので、この地域の音楽がそうだという事なんでしょうね。1本で旋律を吹ける楽器も作ろうと思えば作れると思うので、宗教的な意味もあるのかなあ。そうそう、楽器も乾期と雨期のものが区別されていて、シークは乾期に吹く楽器で、雨期に吹くのは不吉としてタブーなんだそうです。

 このCD、フォルクローレ以前のボリビアやアンデス土着の音楽を聴く事が出来るだけでも貴重ですが、どういう音楽かを知るには説明がないと理解不能。その説明となっている解説がものすごく学術的で細かく、ブックレットだけでも価値がある1枚だと思いました。いやあ、これは僕が娯楽で聴いてきたたくさんのレコードと違って、これ1枚で色んな事が学べる素晴らしいCDでした。ビクターのワールドミュージックチームって、いい仕事するなあ。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS