FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Robert Fripp / Let the Power Fall』

Robert Fripp Let the Power Fall 80年代のロバート・フリップさんは「フリッパートロニクス」というギターとテープレコーダーを組み合わせた音楽に凝っていた事があります。演奏した音をテープに録音してループして、その上にまた演奏を重ねていく音楽で、デジタル・ディレイの登場以降は似たような事をフュージョンやアングラ・ロック系の人がイヤというほどやってますが、捉えようによっては現代音楽的でもあります。要はシステムではなく、そのシステムを使ってどういう音楽を作り出すかなんでしょうね。81年発表のロバート・フリップさんのソロ第3作『レット・ザ・パワー・フォール』は、フリッパートロニクスのソロだけで構成したアルバムでした。

 雰囲気は、ブライアン・イーノと作ったアルバム『Evening Star』みたい。フリッパートロニクスがイーノさんとのアルバムで使われていたかどうかは知りませんが、イーノさんとの共同作業の延長線上にあるのは確かじゃないかと。このアルバムは純粋にフリッパートロニクスだけで作った音楽なので、フリップ&イーノほどの色彩感はありませんが、シンプルなだけにプレイヤーの意図が伝わりやすくて面白かったです。

 ピアノには鍵盤をはなしても音が鳴り続けるダンパーペダルというのがあるんですが、クラシックを演奏してるとそのペダルを踏む指定がなくても「ここはダンパーペダルを踏んで次の音と混ぜた方がいいな」なんて感じで、ピアニストの裁量で踏んじゃう事があります。そうすると音がいっぱい混ざるのでカッコよくなるんですよ。4度も6度も9度も11度もとにかくいっぱい入ってるドビュッシーの曲なんかでやると効果てきめんなんですが、ヤバいのはこれをつかい過ぎると音がどれもこれも似たようになってしまうのと、不協和音を理解しとかないとヤバいという事。フリッパートロニクスがまさにこれで、ある曲では使う音を1、3、5という完全音程と9度に限定、他の曲では1、短3、5、短7に限定…つまりどうやっても不協和にならないようにしてます。そうすると、選んだ和声が持つニュアンスが曲を支配する事になり、一方で転調や和声進行を作る事は不可能になります。これがフリッパートロニクスの長所であり弱点で、フリッパートロニクスを使った時点で、書ける曲が決定しているんですよね。このアルバムでのフリップさんは際どい音を混ぜる事を避け、しかもかなり単純な協和音を意識しているので、ひたすら心地よいアンチクライマックスなループ・ミュージックになってます。

 どうせやるなら4度和声とかホールトーンとかいろんな旋法と和声に挑戦して欲しかったですが、そういう音楽的な挑戦には進まず、あくまでシンプルな基礎和声にこだわった事で、心地よい環境音楽的なトランス・ミュージックになってました。ハードでテクニカルなロバート・フリップを期待すると肩透かしを食うでしょうが、フリップ&イーノも好きだった僕には悪くないアルバム。このアルバムを聴いて、70年代末からしばらく軟弱なアルバムばかり作っていて諦めかけたフリップさんにもう少し付き合ってみてもいいのかも、と思ったのでした。若かったですね。(^^;)>。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS