FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charlie Mingus / Jazz Composers Workshop』

Charlie Mingus_Jazz Composers Workshop SAVOY原盤、1954~55年と、ミンガスとしてはかなり古い録音です。ところでこのレコード、クレジットが「Charles」じゃなくて「Charlie」なんですね。そういえば、アルバム『メキシコの想い出』もチャーリー表記だった気がします。ジャケットがダサく感じたし、『直立猿人』より前の作品なので、習作期だろうと推測して敬遠していたアルバムだったんですが、同じバンドでサックスを吹いていた先輩のアパートでこのレコードを聴かせてもらって超感激、ぶっ飛んだ!鳥肌が立つほどでした。あまりの感激に、僕が「仕事とはいえ、テーマやってアドリブなんてジャズばかりじゃなくて、こういうしっかりしたコンポジションものも出来るといいですね」と言うと、先輩は「そうしたいならお前がリーダーになるしかないだろ」。そうだよな、演奏でお金貰ってるプロミュージシャンなんだから、好きな事やりたいなら自分でやるしかないよな、みたいな。サックスの先輩にはチャーリー・パーカーの名盤を教えてもらったり、とにかく色々とお世話になりました。ジャズ演奏のあれこれを教えてもらって、聴くべきレコードを教えてくれて、バンドで辛い思いをしていた僕の精神的な救いにもなってくれて、いまだに感謝してます。

 このアルバム、カルテットのジャズ演奏と、ワークショップの実験が半々ぐらいのレコードです。そして、ワークショップ方面の実験的な3曲がすごい!!「Gregorian Chant」なんて、名前から均等分割の7音音階のモードのどれかを使った曲なのかな…と思ったら、メロディック・マイナーの第4モードじゃないかい?しかも、ベースのアルコから始まるし、なんと独特なんだろう、素晴らしい。。「Eulogy for Rudy Williams」は、ピアノが音列技法を基にした和声音楽の外にある無調のうえで、2本の管楽器が平行してアドリブ演奏しながら徐々にジャズ和声に近づいていくという曲。こんな素晴らしいレコードがあるでしょうか。僕個人としては、普通のジャズ演奏をやった半分はいらないから、アルバム全部をこっち方面で進めて欲しかった。。

 ジャズという作編曲がもの凄くいい加減な音楽で、立派な作曲と即興を両立しているのがミンガスの音楽の素晴らしさだと思います。聴いてない方にはなかなか伝えるのが難しいですが、ミンガスの音楽に触れた衝撃は、僕の中に今も残っています。「フォーバス知事」「So long, Eric」「直立猿人」「Haitian Fight Song」などなど、どれも今まで聴いた事もないようなコンポジションやアレンジに感激したものでした。そのミンガスの作曲やアレンジの原点が分かったようなレコードが、これでした。このジャズ・ワークショップというバンド、もとはハーモニーの勉強会から始まったらしく、このCDに参加している人だと、テオ・マセロ(tsax, bsax) が12音音楽の研究をしていたそっち方面の先生役で、ジョン・ラポータ(asax, cl) がトリスターノ門下生でそっち方面の先生。ミンガスは、なんといってもチャーリー・パーカーのバンドに起用されたほどの人ですから、エリントンからビバップまでの王道ジャズの先生だったんでしょう。これほどの人なのに、食えなくて郵便局でバイトをしていたというのだから、合衆国で民間が芸術音楽をやるというのがどれだけ大変だったのか分かるというもんです。それが成立しないのって、音楽を「癒し」とか「娯楽」としか捉えていない聴く側の動向にも左右されちゃうんでしょうね。2,3,9曲目は超クリエイティブ、必聴と思います!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

11 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS