FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charles Mingus / Blues & Roots』

Charles Mingus _Blues and Roots チャールズ・ミンガスによる9重奏団のアルバム、1959年発表です。これはむっちゃくちゃカッコいい、ロック好きでもクラシック好きでも、音楽が好きな人だったらこのレコードは絶対に聴くべし!!というか、1959~60年と、ドルフィーが参加した1964年のミンガスは、傑作のオンパレードです!

 とにもかくにも、音楽がえらく攻撃的で攻めまくり!アルバムタイトルから、「ブルース曲をサクッとセッション的にやってお茶を濁したアルバムなのかな」な~んて心配してたんですがとんでもなかった。そういえば、ジョン・コルトレーンにもブルースアルバムがありましたが、あれも素晴らしかったな。。ブルースの意味をどうとらえるかという問題があるんでしょうね。ミンガスさんの場合、ブルースなんかのジャズのルーツにある音楽に黒人音楽のアイデンティティを求めた上で発展させる、みたいな思いがあったのかも。「My Jelly Roll Soul」なんて、たしかに古き良きジャズって感じの音楽でしたし。

 なんでこんなにカッコいいと感じるんだろう…ビートミュージックとしてビートの推進力が強烈とか、ジャッキー・マクリーンやブッカー・アーヴィンのソロが強烈とか色々とあるんでしょうが、いちばんは複雑さ、分かりやすく単純なものじゃなくて複雑に入りくんだ情報の多さじゃなのかも。例えば、このアルバムは6管編成ですが、かなり対位法的なアンサンブルで、しかもそのうちの何人かがアドリブに行く事もあって、これが形式的にも非常に複雑になってるし、サウンド自体も混沌とした部分を生み出しているように感じます。これはクラシックやロックや純邦楽などなどの他の音楽ではなかなか聴けないカッコよさ。それでいてアンサンブル部分はしっかりしているから全体のフォルムが崩壊してしまう所まではいかない、みたいな。いや~これはカッコいい。。あ、ついでに、この管楽器アンサンブルですが、ボントロはいるけどペットがいません。狙ってやったのかペッターがいなかったのか分かりませんが、結果的にこれで管の重心が低い所に固まって、暗黒な感じでやばカッコいい。。

 マイルス・デイビスもジョン・コルトレーンもチャーリー・パーカーも好きですが、ジャズの名コンボでひとつだけ無人島にレコードを持っていっていいと言われたら、僕ならミンガスだなあ。これは素晴らしい音楽、墓場まで持っていきたいレコードのひとつです(^^)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS