FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アユタヤの栄華 ~タイの古典音楽』

Ayutaya no Eiga_Tai no KotenOngaku ずばりタイトル通り、タイの古典音楽のCDです!日本のキング・レコードのCDですが現地録音という所がいい!とはいえ、音がスタジオ録音っぽいんですけどね(゚∀゚*)エヘヘ。入っていたのは、チャケーという3弦の箏の演奏(ハンドパーカッションと鈴の伴奏つき)と、クルアン・サーイ合奏というのが入ってました。

 チャケーという名の3弦箏の演奏は、トレモロで1.2.4.5.6という5音音階を行ったり来たりするもので、音楽的にはけっこうつまらなかった(∵`)。雰囲気的には、中国とインドネシア両方の朝廷音楽をミックスして俗楽化した感じ…って、それが東南アジア音楽という事ですね、きっと。曲種がカメーン(カンボジア風)とかラーオ(ラオス風)なんてなってたのは、東南アジア音楽でも、国ごとの色があるという事なんでしょうね…修行が足りなくて、僕にはまだその差が分かりませんが(^^;)>。

 クルアン・サーイ合奏は、タイの結婚式などの祝い事で良く演奏されている音楽で、チャケー(3弦箏)ソー・ドゥアンとソー・ウー(胡弓みたいな楽器)、それにハンドパーカッションにベルという編成でした。これも雅な感じの音楽で、ゆったりしていて…悪く言えば退屈?ちなみに、タイの合奏音楽には、古くは旋律打楽器中心でダイナミックな「ピー・パートと、弦楽器中心の声楽伴奏音楽「マホーリのふたつがあって、後年になってこの弦楽器と笛と太鼓の「クルアン・サーイ」が加わったんだそうです。後年といったって、18世紀ぐらいらしいです。

 何となくですが、これは市民の中で生々しく演奏され続けてる音楽というより、行事の時にだけ演奏される形式化された宮廷音楽という感じがしました。なんか、形だけなぞってる感じで、躍動するものがないんですよ。タイというからキック・ボクシングの時に鳴り響いてる音みたいな激しいのを期待していた僕が悪いのかな?
 
関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS