FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ジェシー・ノーマンさん逝去

Jessye Norman portrait 今週の月曜(2019年9月30日)、アメリカのソプラノ歌手・ジェシー・ノーマンさんが逝ってしまいました。享年74歳、死因は敗血症性ショックと多臓器不全だそうです。ああ…。

 ジェシー・ノーマンさんのCDは、黒人霊歌を取りあげた『Spirituals』を聴いたばかり。はじめて聴いた若い頃は感動して、何度も繰り返して聴いたものでした。キャスリーン・バトルさんもそうですが、アフリカン・アメリカンのソプラノって、僕の場合はジワッと来てしまう経験が多かったです。最初の音楽経験が黒人教会だからなのか、どこかにソウルが入って感じるんですよね。『Supirituals』収録の「There is a balm in Gilead」や「Mary had a baby」なんて、歌っているというより祈っているようで、何度ウルッと来たことか…。
 そんな事もあって、僕はオペラ歌手としてのジェシー・ノーマンさんはあまり体験していなくて、オリンピックみたいな何かの祭典の機会に見ることの方が多かったです。だから、ソロ歌手という印象が強かったです。アフリカン・アメリカンのソプラノで、クラシック以外に黒人音楽も積極的に歌っていたので、歌手という以上の意味を持っていた人なのでしょう。

 素晴らしいソプラノでした。どうぞ、やすらかに…

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS