FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ギヤ・カンチェリ 逝去

Giya Kancheli ジョージア出身の現代音楽作曲家のギヤ・カンチェリさんが、2日前(2019年10月2日)に他界したそうです。ところで、昔は「カンチェーリ」と発音してましたが、いまは「カンチェリ」と読むようになったんですね。ついでに、昔は「グルジア」と発音してたと思うんですが、最近はラグビーのワールドカップを観ていても「ジョージア」と発音していました。アメリカのジョージア州と紛らわしいし、リングスでもグルジアと呼んでいたので(ビターゼ・タリエル最高!)、グルジアのほうがいいな…と思ったら、グルジアはロシア語での発音なんだそうです。ああ、ロシアとめっちゃくちゃ仲悪いから、これは仕方ないですね。

 カンチェリさんの音楽は、現代曲と言ってもかなり宗教的な色彩が強いものという印象が残ってます。東欧とかバルト三国とかジョージアとかアルメニアとかって、現代曲でもキリスト教と関連した楽曲が多い印象。最近日記に書いたものだと、エストニアのペルトの『ヨハネ受難曲』とか、ポーランドのペンデレツキの『スターバト・マーテル』とか。きっと、日本や西側諸国みたいに、経済が生活のベースにあって、その上に音楽も何もかもが乗っかってる世界じゃなくて、信仰が人生のベースにあるんでしょうね。だから、音楽の前に宗教観がある、みたいな。

 僕が聴いたカンチェリの作品は、どれもECMがリリースしたクラシック・シリーズで、まるで瞑想音楽のような雰囲気でした。でもしばらく聴いていないので、印象しか覚えてません…。こういう音楽って、若い頃は思わせぶりなイージーリスニングに思えてしまって苦手だったんですが、今年ひさびさに聴いたペンデレツキの『悲しみの聖母』にはムチャクチャ心を打たれたので、いま聴いたらぜんぜん違う感想を覚えるかも。心を落ち着けて聴ける時間が取れたら、今度ゆっくり聴いてみようと思います。どうぞ、安らかに。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS