『小澤征爾指揮・トロント響 / メシアン: トゥーランガリラ交響曲』

Messiaen Tourangalila メシアンはピアノ曲や室内楽に名作が多い気がするのですが、作曲家としての名声を勝ち取るためには交響曲を書かないわけにはいきません。書かなくったっていいのにね。このあたりがクラシック業界の権威主義的なイヤなところ。で、メシアンも交響曲を書き、その代表作と言われているのが「トゥーランガリラ・シンフォニー」。この録音は小沢さんの指揮によるもので、昔はトゥーランガリラの録音といえばこれぐらいしかありませんでした。大オーケストラにピアノにオンド・マルトノですから、録音どころか演奏だけでも大変です。ましてや、やたら緻密そうに聞こえますし、きっと演奏も困難なのでは?

 しかし…音大でメシアンを専門に選ぶぐらいにメシアン好きの僕ですら、この曲はあまり好きではないのです。なんかね、大げさで、しかも西洋のクラシック音楽業界というヤツに媚びている感じがしてしまうのです。「オーケストラ曲っていうのは、こういう感じにすると受けるんだろ?」って感じで書かれたように聞こえちゃうんですよね。で、この曲、クラシックの評論家筋では「現代音楽のオーケストラ曲の中では代表作と呼ぶに相応しい」なんていう人も少なくありません。う~ん…つまり、現代曲の良さが分からず、いまだにベートーヴェンを至高と思っている脳の硬直したクズ評論家にとって、現代曲の中では何とか理解できる曲、という事なんじゃないでしょうか?まあ、そういう意味ではメシアンの思惑が当たったという所なのかもしれませんが。
 で、フランスのクラシック界の重鎮であるブレーズですら、この曲の録音は全然しませんでした。で、インタビューでその理由を尋ねられると「小沢の素晴らしい録音があるじゃないか」と答えたという有名な逸話があるんですが…いやいや、本当はブレーズもこの曲が好きじゃなかっただけなんじゃないかと憶測するわけです。

 久しぶりに聞き返してみて、やっぱり途中で聴くのを止めちゃいました。演奏云々じゃなくって、曲自体が僕は好きじゃないみたい。おかしな話ですが、メシアンって「トゥーランガリラ交響曲」とか「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」とか、つまらない曲ほど評価が高いですよね。評論家さんがたは、揃いも揃ってクズの集団か?もっとちゃんと仕事をしてほしいもんだと思います。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド