FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バイオハザード2』 PlayStation ゲーム

BioHazard2.jpg あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!

 さて、正月に何をやっていたかというと…妻と一緒にキャーキャー言いながらホラーゲームをやっておりました。しかもプレステーションの古いやつです(^^;)。なにせ、新しいゲーム機を持っていないものでね。。というわけで、今回は一世を風靡したゲーム『バイオハザード2』のご紹介です…音楽ブログじゃなかったのか(^^;)。。

* * * * * *
 はじめてこのゲームが登場した時には度胆を抜かれました!プレステで大ヒットしたゾンビゲームの第2弾、やっている頃は面白すぎて夜更かしの連続でした(^^)。

 このゲームを知ったのは、深夜にテレビでやっていた情報番組。見るともなくたまたまついていた番組で、出演者の中に伊集院さんがいたのを覚えてます。画面は3D(実際はちょっと違うんですが、当時はそう思ってました)、コンクリート打ちっぱなしの地下通路みたいな所で、どでかいワニが襲ってきて、必死に逃げるんですがバクッと食われた!なんだこの凄いグラフィックは?!3Dでこんなでかいキャラを動かせるのか、今のゲームってすげえええ!!(←1998年当時の感想です。)家庭用ゲーム機でこんなでっかい3Dのキャラが動くなんて信じられない事で、まさにカルチャーショック。翌日にダッシュでこのゲームを買いに行ったのでした(^^)。

BioHazard2_photo1.jpg バイオハザード2は、感染するとゾンビになってしまうウイルスの蔓延したアメリカの地方都市に赴任した警官を操作して、町から脱出するのが目的のゲームです。赴任した街はゾンビだらけ。逃げ込んだ銃砲店の店主もあわれゾンビの餌食に。必死に警察署に逃げ込めば、街中のゾンビどころじゃないヤバいのが天井に張り付いてます。やばい、やばいよこれは!脱出するためには部屋の鍵を開けたり、謎を解きながら進めてくんですが、ストーリーも映画を観ているようで面白かったなあ。。でっかい蜘蛛やゴキブリのいる通風孔を通るのは気持ち悪すぎて勘弁だったけど。

 いや~、こういう絶体絶命の危機を逃れるって、「生きてる!」って感じがしていいです。そして、こういうサバイバルするスリルは映画よりゲームの方が感情移入しやすくていい、第3者じゃなくて自分が当事者なんですからリアリティが増すというもんです。これが僕のバイオハザード初体験という事もあってか、僕にとってのバイオハザード最高傑作はこれ!…って、シリーズ全部やったわけじゃないんですけど、本当に面白いゲームでした。久々にやりましたけど、けっこう忘れていて妻と一緒にギャーギャー叫んでました(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS