FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『炸裂の音曼荼羅 ~チベット仏教の音楽』

Sakuretu no Otomandara ChibettoBukkyou no Ongaku チベットの仏教音楽は、前に色々と日記を書いた事があるぐらいに好きで、中古盤屋で見かけると間違いなく買ってしまうのです(^^;)。これは最近ゲットしたチベット仏教のCD。日本のキングレコードが1990年に制作したもので、日本のキングレコード第1スタジオでの録音。あ、そうそう、チベット仏教ってブータンネパールにもあったかと思うんですが、このCDに入っていたのは中国のチベット自治区にあるナムギュル学堂という寺院の僧侶によるものでした。

 それがいい事なのかどうかは聴き方次第でしょうが、さすがにスタジオ録音だと音が良いです!楽器ひとつひとつの音が明瞭だし、また低音の鳴りぐらいが現地録音とは比較になりません。チベット仏教の音楽って、トゥン・チェン dung chen という長低音の出るムチャクチャ大きい長官ラッパを吹くんですが、これが「ブオオオオオオ~ン!!」って感じの超重低音で強烈なんです。それだけに、重低音を見事に録音したこのCDの価値は大きいぞ!僕がいままで聴いたチベット仏教の読経の録音では、間違いなくナンバーワンのハイファイ録音です。

 そしてこのCD、「ヴァジュラバハイラヴァ成就降魔」という読経を収録してるんですが、CD1枚で1トラック、45分ノンストップです。もしかすると、この儀礼をフル収録したのかな…。でもって、これが今までに聴いてきたチベット仏教のちょっと違って感じました。
最初は僧侶みんなで読経。それがある程度続いたところで、銅鑼やトゥン・チェンが一斉に鳴り響いて突然の爆裂音!これが消えたと思ったら、余韻のうしろではさっきの読経が続いてた!こういうのを繰り返しているうちに、いつの間にか読経のうしろで低音の聴いた太鼓の伴奏がついていて、まるで魔を払うように鈴(金剛鈴ティルブ)がかすかに鳴り、そしてまた銅鑼やらトゥン・チェンの波状攻撃が!!つまりですね…こういう言い方が正しいかどうか分かりませんが、まるでバリのケチャやガムランみたいなコロトミー構造なんですよ。日本の読経だと、最初から最後までモニョモニョと詠まれて終わり、みたいな感じがあるじゃないですか。でもこれは緩急自在、静かに読まれたと思ったらドッカーン、波状攻撃が来たと思ったら一斉に引いてメゾピアノ…みたいな感じで、意識を反らしてるなんて暇がありませんでした。そしてこれをえんえん繰り返されると、意識がはっきりしたままトランス状態に入ってしまうぞ…。

 音や音楽の事ばかり書いてしまいましたが、「ヴァジュラバハイラヴァ成就降魔」というのは、徳の高いラマに従って曼荼羅世界を瞑想して、ヴァジュラバハイラヴァに生まれ変わっていくという儀式みたいです。ヴァジュラバハイラヴァが何かはよく分かりませんが、解脱の境地の擬人化みたいなものなのかな?チベット仏教のCDって当たりはずれが結構ありますが、これは大当たり。個人的にはチベット仏教レコードの1位です。いやあ、すごかった。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS