FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『コナ・ウインド ハワイ王国音楽特集』

Kona Wind 「ハワイ王国音楽」というタイトルにつられて聴いてみた1枚です。ところが、「ハワイ王国」の音楽だったかというと、???って感じがしてしまって、50年代ハワイアン8割と70年代以降2割みたいなオムニバスだと思って楽しむことに切り替えたCDです(^^)。

 全16曲、そのほとんどが、僕がハワイアンという言葉でイメージするような、50年代のハワイ音楽的な音楽でした。白人が持ってきたフォークギターやスライドギターを使った、レイドバックしたカントリーミュージックのようなヴォーカルミュージックのあれです。あれってハワイへ移住したメキシコ系カウボーイがギター音楽を持ち込み、それが宣教師たちの音楽と融合してさらに観光産業と融合して出来たらしいですが(このCDの解説に書いてありました^^)、それって本当に「ハワイ王国」時代の音楽なんでしょうか…ハワイ王国って1893年までだったので、確証はないけど違う気がします。タイトルに偽りありかも…まあいいか(^^)。

 そんな中、音楽では2曲ほど面白いと思ったものがありました。M5「ブルー・レイ」トニー・コンジュゲーションTony Conjugacion と、M11「アロハ・ラ・オ・ワイアナエ」のテレサ・ブライトTeresa Bright。前者はフォークギター、ジャズっぽいピアノ、ベースが入ったジャズとハワイアンのハイブリッド、後者は ボッサっぽいギターとベースが歌伴を務めるボッサとハワイアンのハイブリッド。どちらも、モダンでありつつもものすごく気持ちよかったです(^^)。ハワイアンって、50年代の大ブレイクの後、70年代にコンテンポラリー化して再ブレイクしたそうですが、それ以降って、こんな感じなのかな、と思ったりして。

 このCDはいろんなミュージシャンの演奏を修めたオムニバスだったんですが、ミュージシャンについての解説がゼロ。有名な人もいるのかも知れませんが、ハワイアンにぜんぜん詳しくない僕にはつらかったですが、2曲ほどいい音楽が聴けたのが良かったです(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS