『Frank Zappa / Shut Up 'n Play Yer Guitar』

FrankZappa_ShutUpGuitar.jpg ひとつ前の記事で書いたように、フランク・ザッパというのは、色々な要素を持った音楽を作る人なので、定義しにくい人だとは思うのですが、高く評価されている事のひとつが、ギタリストとしての才能です。実際、ソロ・アドリブという点からいうと、ジミー・ペイジとかエリック・クラプトンというギター・ヒーローよりも、明らかにレベルが高いんですよね。テクもそうなんですが、使える音のバリエーションが比較にならない。ソロの発想が凄いんです。ジェフ・ベックなんかにも感じる事なんですが、どういう発想をしたらこういうソロを組み立てられるんだろうか…というソロを弾いちゃうんです。で、このアルバム、タイトルを直訳すれば「黙ってギターを弾け」ですか。。いやあ、凄いです。

 フランク・ザッパのライブのビデオを見た事があるんですが、ライブでザッパは、必ずインストの即興演奏をしてます。で、ここでギターを弾きまるんですが、これが凄い。インプロヴィゼーションというのは、プレイヤーは結構やりたくなる事のひとつで、普通の曲を演奏していると、クラシックでもロックでも、既にあるものをうまく再現する事ばかりになっちゃうんですよね。で、即興性が強いと思われているジャズですら、実は再現音楽という点に変わりなかったりする。こうなってくると…プレイヤーって、「何も考えずに、思いっきり自分の演奏をありったけ弾いてみたい!!」とか思っちゃたりします(僕がそうでした)。で、ライブも片っ端から録音していたというザッパは、そいういうインプロヴィゼーション色の強いパフォーマンスから、最良のギターソロだけを抜き出してアルバムを作ったという訳です。それがこれ。CD2枚組(レコードはなんと3枚組だった!!)、いやあ、凄いです。
 実は、ザッパは似たようなコンセプトのアルバムを他にも作っているんですが、パフォーマンスのまとまりの良さは、これがベスト。よくぞこれほどまで曲想を変えられるものだなと思えるほどに、実に良く出来ています。で、プレイも、ロックやジャズによくありがちな、ワン・パフォーマンスに使うスケールがお決まりのアイオニアンとかドリアンとか、そういうありふれたものばかりじゃなくって、実に多彩。マジで、これはフュージョン・ギターの教科書としても使うべきという完成度です(って、僕はギターはろくに弾けないんですが^^;)。

 というわけで、ギタリストとしてのフランク・ザッパの凄さを聴きたいなら、これが最適のアルバムじゃないでしょうか。また、ロック/フュージョン・ギターの大名盤としても語り継がれてしかるべきアルバムだと思います!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド