FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ポルトガル トラズ・オブ・モンテス 収穫の歌と羊飼いのパイプ Portugal: Trás-Os-Montes - Chants Du Blé Et Cornemuses De Berger』

Portugal Trás-Os-Montes - Chants Du Blé Et Cornemuses De Berger レーベルOCORAがリリースした、ポルトガルの民族音楽のCDです。アルバムタイトルに入っている「トラズ・ブ・モンテス」というのは地域名で、ポルトガル北東部にある台地で、高く険しい峡谷によって他の地域から分かれているんだそうです。丘の折り重なるその景観は絶景らしいので、ネットでその絶景とやらを眺めて見ようと思ったら…ワインしかヒットしねえ!きっと、ぶどうが名産なんですね(^^;)。。そうそう、このCDは1978年録音で、その頃のライナーによると、「穀物と羊飼いがこの貧しい地方のわずかな資源」なんだそうで。

 このCDに入ってた音楽の印象は、無伴奏で歌われる民謡、バグパイプの独奏、(牧童の笛みたいな)笛と太鼓の合奏、です。バグパイプの演奏は、まだ民族音楽を聴く前はイギリスの専売特許かと思ってたんですが、民族音楽をいろいろ聴いてると、ヨーロッパ中で演奏されてる事が判明。このCDの演奏も、僕の耳には他の地域のバグパイプ音楽との差がまったく分かりませんでした。きっと、楽器の構造が、音程を変える事が出来ないバスと、その上を泳ぐ旋律というように完成されてるから、もうこれしか出来ないんでしょうね(^^)。それだけ完成された楽器とは言えるかも。

tras-montes.jpg 興味があったのは、無伴奏の歌です。えっと、この曲はロマンセなのか…えええ?!なんと現代にロマンセーロが歌い継がれているのか?!うああああすげえええ。。。ロマンセーロというのは、ロマンセを集めたもので、ロマンセとは中世スペインの伝承民謡です。これをトルバドールとかの吟遊詩人がヨーロッパ各地に伝えていき、ヨーロッパ中のロマン主義文学に影響を与えた…みたいな。このCDだと、2,4,6,11,13,17曲目がロマンセらしいです。
 無伴奏の民謡は、ルーマニアでもハンガリーでもヨーロッパの田舎の農村に行くとたいがいあって、それがまた似てるもんだから、僕には差がなかなか分からなかったりします。このCDに入ってるロマンスの中でも2曲目なんかはヨーロッパ中にある民謡との差が分かりませんでしたが、11曲目「かわいい羊飼い」なんかになると、音節が決まっていて、メロディが同じものの上行と下行を交互に繰り返し、偶数行では韻を踏んでる事が分かります。このCDに入ってるロマンセの形式は大体こうで、1行目がメロディが低い音から高い音に向かって、2行目は1行目と似たリズムやメロディラインを持ちながら、逆に低い所に戻ってくるものでした。ああ、これは覚えやすい、こうやって実質文盲だった人たちの間に、色んな物語や知恵やニュースが伝わっていったんですね。

 僕、クラシックの声楽家が昔のロマンセを再現したものなら聴いた事がありましたが、こうして現存している生きたロマンセを聴いたのははじめて…というか、現代に生き残ってるなんて思ってもみなかったです。これは感激でした。というわけで、ポルトガルの民族音楽というより、イベリア半島のトラズ・ブ・モンテス地方というところに中世から残っていたロマンセを聴いたという感慨ばかりが残ったCDでした。ああ、いいものを聴けたなあ(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS