『Frank Zappa: The Mothers of Invention / FREAK OUT!』

FrankZappa_FreakOut.jpg フランク・ザッパのデビュー・アルバムです。バンドは「いたち野郎」と同じくマザーズ・オブ・インベンション。CDだと1枚らしいですが、LPの時は2枚組でした。デビューアルバムが2枚組って、すごいな。。
 前々回の記事で書いたように、ザッパさんの音楽って色々な要素が混ざっているので、ひと言で説明するのが難しいです。しかし、強いて色分けすると、前々回の記事で書いた『いたち野郎』がフリージャズと現代音楽寄りのコラージュ音楽、前回に書いた『黙ってギターを弾け』がジャズロックなフュージョン風インスト音楽とすると、このアルバムは60年代のハウスバンドが演奏したサイケ色のあるリズム&ブルース、という感じでしょうか。アルバム発表が1965年ですので、ロックバンドの楽器の完成度が低くて、特にエレキギターなんかの電気楽器のサウンドが古臭いです。そんなものだから、ベンチャーズみたいな音でヘタクソに聞こえるんですが…よく聞くと、バンドのクオリティが高い!とくにギターのソロなんて、何だこりゃと思うほどにうまい!!う~ん、このテクニック、当時のポピュラー音楽産業界のセンターにいるビートルズやストーンズなんか相手にならない、それどころかクラプトンやジミーペイジよりも数段上じゃないだろうか。…しかし、音楽の肝はそこじゃなくって、R&Bが凄く気持ち悪い音楽に変形されているところにあるんじゃないかと。ヴォーカルがツインで、しかも気持ち悪い(^^;)…って、そこじゃなくって、曲自体が50年代ポップスやビートルズ系の音楽とは明らかに違って、えらく病んだような曲が混じっています。日本のロックバンド「頭脳警察」のバンド名の由来となったナンバー"Who are the brain police?" とか、テレビから流れてくるバッド・ニュースまみれのアメリカ社会を揶揄した"Trouble Everyday"…いずれも、当時のポピュラーシーンになじむものではありません。また、ドゥ―・ワップ調の曲なんかも、バカにしたような歌い方をしていたり、けっこうシニカルです。
 まあそれでも、音楽としては箱バンが演奏したポピュラーと言えるかと思うんですが、問題はLPの2枚目です。…超アヴァンギャルド。声で行われるコラージュとか、とにかく見事。なるほど、LPの1枚目と2枚目が対比になっているんですね。1965年と言えば、ビートルズが『HELP!』を出した年で、ホワイトアルバムなんてまだまだ先の話。ヘンドリックスなんてデビューすらしていません。この2枚目を聞くと、ビートルズのホワイトアルバムや、ストーンズのサタニックが子供の遊びに聞こえてきます。マザーズは、ポピュラー産業の傍流だったかもしれませんが、実はサイケデリック興隆となった60年代後半のポピュラー音楽の大本流だったんじゃないかと思います。大おススメ!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド