FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Philippe Manoury: En Echo, Neptune』

Manoury_En Echo, Neptune スペクトル楽派のマヌリの、91年作「ネプチューン」と、93~4年作「エコー」を収録したCDです。どちらも電子音やコンピュータと生楽器を組み合わせた音楽でした。こういう音楽に興味津々で、知らないながらも面白いもんだから聴きまくっていた青年期でした(^^)。ところが、色んな音楽を聴いて、他の事も若い頃よりは知るようになって、一周して久々に聴いたらけっこう聴こえ方が変わっていました。

 「エコー」は、リアルタイムの電子音響システムとソプラノの音楽。ああ~これは現代音楽というより即興の電子音楽みたい、なんかガキくさい。。だって、鍛え上げられたすごい表現力のソプラノのうしろで、「シュワー」とか「ピコピコピコ」とか鳴ってるんですよ(^^;)。6楽章の「Mon Visage」なんて、ソプラノの音を録音して、それを電子変調して、それを途中でピッチシフトしてキュインとかやってるんですけど、これは僕には遊びにしか聴こえません。少なくともこれが和声(や音色)や音価の選択として最善とはとうてい思えない。まあでも電子音楽の歴史はまだ浅いし、深さを増し、洗練されていくのはこれからなのかも知れませんね。

 「ネプチューン」…タイトルの時点で中2臭ぷんぷん、頭が良い人だろうから学生のころからずっと机やコンピュータに向かって作曲ばかりしていて、他の大事なものを学べずに精神年齢が幼いまま大人になっちゃったんじゃないか…な~んてものすごい偏見ですけど、でも僕が行っていた作曲科の生徒って、ろくに文学も絵画も哲学も映画も見ないアニメオタクやアイドルオタクみたいのがそれなりにいたもんだから、そんな偏見を持ってしまうのかも。。
 ところが音楽は良かった!先入観で判断しちゃいけないですね(^^;)。この曲は2台のヴィブラフォン、マリンバ、タムタムという打楽器アンサンブルとリアルタイム電子音響システムという編成でしたが、この打楽器セクションの作曲が良い!この作曲をしているのはマヌリさんなので、スペクトルうんぬんを抜きにして、普通に作曲家として優秀なんだと思います。3楽章なんてコードプログレッションしてるし。電子音の使い方もかなり良くて面白かったです。
 電子音部分もけっこう面白かったです。この曲は5つのパートが切れ目なく演奏されていましたが、最終章のピッチシフトから持続音なんてアコースティック楽器では難しい事なので、確かに電子音で挑戦する価値はあるだそうし、またその効果も抜群い発揮されていたように感じました、カッコいい!!
 ただ、やっぱり電子音に弱点を感じてしまいました。電子音はリアルタイムという事ですが、その操作がシロウトくさかった。。つまみをひねってピッチをきゅっとあげるみたいな所が結構あるんですけど、これがガキくさいうえに下手なのです(^^;)。コンピュータ制御ならもうちょっと人間工学的に音を考えるとかなんかできないのかな、みたいな。もしアコースティック楽器でこんなレベルの演奏したら、オーディションで落とされるよな、みたいな(^^;)。あ、あと、リングモジュレーターを使って打楽器の音を変調してる場所があるんですが、音がくちゃくちゃチープ…。プロの演奏家が鍛え上げてようやくたどり着いた音を、ここまで無神経に汚してしまう事に嫌悪感を覚えてしまった…。このへんは、テクノロジーを含めて電子音楽の課題のひとつじゃないかと。

 まあそんな具合で、これはクラシック~戦後の前衛世代の現代音楽という流れの上の音楽というより、電子音楽スタジオ~ロック系や即興音楽系のアンダーグラウンド音楽の流れの上の音楽のように聴こえました。でも、新しいものへの挑戦がなかったら音楽なんて同じものの再生産ばかりになっちゃって退屈だろうし、面白い所もいっぱいあったので、こういう挑戦が実験室での周波数の研究とか音遊びじゃなくって人間の深い所にあるテーマとつながれた時に面白くなっていくのかも。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS