FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『絲・南哀 ヴェトナムの弦楽器』

Vietnam no gengakki 同じくベトナムの伝統音楽のCDで、こちらは日本のキングレコード録音。1991年、ハノイ録音でした。このCD、音楽も素晴らしければ解説も素晴らしかった!日本のキングやビクターの民族音楽のCDは、音が入ってるだけでなくちゃんとその音楽を調べて、丁寧な解説がしてあるのがいいです(^^)。

 まず、解説で勉強になった事。ベトナム民衆の芸術的娯楽音楽は3つに分かれるんだそうです。ひとつは、OcoraのCDに入っていたドン・タイ・トゥ。アマチュアの音楽という意味だったな、確か。ふたつめは、ハット・ア・ダオ。北ベトナムの女性歌唱音楽で、ダン・ダイという3弦リュートが伴奏。日本でいう芸者音楽に相当するんだそうです。3つめが、カ・フエ(フエの歌)とダン・フエ(フエの音楽)に分かれるフエの音楽。これは独奏、2重奏、3重奏、アンサンブルなど様々で、レパートリーは伝承されてるんだそうです。で、このCDに入っていたのはフエの音楽とドン・タイ・トゥ、あとは新曲で、最大で2重奏まででした。

 聴いて感じたのは、中国音楽の影響が強い事でした。ヤンチンみたいな打弦楽器、中国琵琶のようなフレットの多い琵琶、月琴みたいな弦楽器など。そんでもって、胡弓みたいな楽器の人は微妙でしたけど(^^;)、他の楽器はみんな演奏がうまい!特に琵琶系の楽器ダン・ティバと楊琴系の楽器ダン・タム・タップ・ルックの2重奏、そのダン・タム・タップ・ルックと箏のような楽器ダン・チャインの2重奏が素晴らしかった!起承転結の少ない音楽が多いので、即興っぽいものよりも作ってありそうな曲の方がいいし、ソロよりも構造がしっかり見える二重奏の方が楽しめました。音楽はどれもゆったりとしたレイドバック音楽で、すごく涼しげで気持ちよかったです!あと、室内楽だからか、録音がすこぶる良かったのも印象的でした。

 東南アジア音楽って、西寄りになるとインド系仏教音楽系、東寄りになるとインドネシア系の竹や青銅を使ったガムランのような音楽、中国寄りの地域になると漢人音楽の影響が強くなって、これらのチャンポンという印象を持ってるんですが、ベトナム音楽は中国色が強いんですね。ベトナム戦争のときも共産主義を持ったホー・チ・ミンが指導者になったし、昔から文化がそっち寄りだったのかも。それにしてもいい音楽でした!音楽って素晴らしいなあ。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS