FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Beverly Kenney / Born to be Blue』

Beverly Kenney Born to be Blue 1959年、ビヴァリー・ケニーが残した最後のアルバムです。バックはジャズのピアノトリオにポピュラーオケの管弦が入った感じ。ストリングスのアレンジが相当に美しいです。

 声質の関係なんでしょうが、ジャズのビッグ・バンドよりウィズ・ストリングスの方がケニーさんには合いますね。それにしても、この可愛らしくて誠実な歌い方、やばいです。人柄があらわれているというか、こういう人と出会いたかったと思ってしまう…。声を聴いて恋してしまった事って、ありますか?僕はヴォーカル・ミュージックって基本的に女性ヴォーカルだと思ってるんですが、でも声を聴いただけで恋しちゃうなんて体験をしたのはビヴァリー・ケニーさんぐらいかも。これはいい…。

 ここまで来ると、ジャズとかポピュラーとかいうより、完全にムードミュージックです。でもそれがいい。考えてみれば、古いアメリカの音楽って、どのジャンルにもレイドバックしたムーディーな音楽が入ってますしね。実際にどういう人だったのかは知りませんが、この歌でイメージするような、どこまでも優しくてかわいらしいビヴァリー・ケニーさんみたいな人が奥さんだったらな…なんて男ならだれもが思ってしまうんじゃないかと。こういう奥さんがいて、仕事をがんばって、週末にはペントハウスの家に帰って…みたいな生活が人生の夢だった時代がアメリカにもあったんじゃないかと。そしてこのアルバム発表の翌年、ビヴァリー・ケニーは28歳にして帰らぬ人となったのでした(・_・、)。寝たばこしちゃダメですね。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS