心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: --  

『YEN TOWN BAND / MONTAGE』

YenTownBand_Montage.jpg 同じく1996年の日本のポピュラーです。このアルバムからは"swallowtail butterfly ~あいのうた~"がヒットしましたが、この曲だけでなくってアルバム全体がいい感じ。
 "swallowtail butterfly"は曲もいいと感じるんですが、このアルバム全体で僕がいいなあと思うのは、ヴォーカルのCharaさんと、如何にも90年代テイストのデッドなミキシング。
 まず、ミキシングについていうと、生演奏じゃなくって、オーディオとかテレビ/ラジオで聴かれる事が大前提になっている音楽って、ミキサーとか、ミックスの方向自体がもの凄く大事な要素になってくると感じます。もし、普通にミックスしてリバーブなんか普通にかけたら、なんていうこともないアルバムになってたんじゃないかなあ。CHARAさんのヴォーカルなんて、コンプレッサーかけまくりでノーリヴァーブという、こういうレコーディングの方向性ありきなんじゃないかと思えちゃいます。で、たぶん15年ぶりぐらいにこのアルバムを聴いたんですが、気持ち良すぎて10回ぐらいリピートして聴いてしまいました(笑)。
 あと、CHARAさんに関して言うと…このアルバム、英語曲が多いです。そんな事もあって、なんというか、洋楽丸コピーの最たる例に思えてしまうんですが、数少ない日本語詞がいい!!「してよ してよ」なんて、まさにタイトル道理の歌詞内容なんですが(^^)、なんというか、僕は持っていないけど、女の子だったらこういう心情になるのも分かるな、という感じがします。あのヴォーカリゼーションと合わせて、この世界観がCHARAさんの魅力でしょうね。

 僕は、仕事の関係でCHARAさんとご一緒させてもらった事があります。このアルバム発売より後のことで、「タイムマシンが~」とかいう内容の歌の時でした。で、僕は写真も何にもないアルバム『MONTAGE』でしかCHARAさんを知らなかったもので、あのロリータヴォイスなイメージの、少し足りない人かと思ってました(失礼!)。。しかし、あってみると、思いっきりタトゥー入ってるし、自己意識も凄く強い感じの人で、ああ、不良娘なんだな…とイメージが変わりました。不良ぶっている子ならいくらでもいるけど、本当に墨掘っちゃって家を飛び出して音楽やってその日暮らしをしている…みたいな子って、そんなにいないじゃないですか。それがいい事かどうかは兎も角、少なくとも人種としては本当のロック・ミュージシャンだと感じました。ロックでなくてもいいんだけど、こういう世間とは違う確固たる価値観を持ってそれを貫いているというのが、ロック・ミュージシャンの魅力と感じます。歌がうまいとか演奏がうまいとかでも、学生だったりサラリーマンやってたりする人には、その手の「ロック的な凄さ」というのは感じませんからね。ただ、そういうアウトサイダーとして生きるというのは、見ている分にはいいけど、やる本人には辛い生き方かもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS