『the brilliant green』

brilliantGreen.jpg
 1998年発売の、日本のポピュラーのアルバムです。ブリリアント・グリーンというグループの、たしかデビューアルバムじゃなかったかな?
 これは先のYEN TOWN BAND/CHARAさんとは真逆の感じがします。ヴォーカルには何の魅力もないけど、バンドに魅力がある点とか。サウンドはすごくブリティッシュ・ロックという感じなんだけど、人種としてのロックを感じないという点とか。オタクで洋楽大好きな帰宅部の男の子が、マジメにロックを勉強して作った、みたいな感じ。そういう所が既にロック的でないと思うんですが、しかしコード進行とか、そういうえらくシンプルな所で光るものがあるというか、聴いていてカッコいいと感じる進行があります。ヒットした「There will be love there 愛のある場所」のサビなんて、特にそう感じます。T.REXの"20th cetury~"みたいなもので、このサビだけずっと聴いていたくなる感じです。
 しかし、この手の若い子のロックバンドって、どうしても限界を感じてしまいますね。例えば、さっき「コード進行」なんて書きましたが、ギターで、ある特定のコードを押さえてジャカジャカ弾くような初心者パターンだと、アレンジも糞もなくって、どの曲もぜんぶ同じ色彩になっちゃうんですよね。こういうところは、まだプレイヤーとかアレンジャーというレベルにまで達していないというか、裏返して言えばミュージシャンとして評価しようと思うと、どうしたって低いものになってしまう。じゃ、そういう所じゃなくって、音楽に独創性があるかといえば…やっぱり、一生懸命モノマネをしただけである事は事実なわけですよね。それでも、当時このアルバムを悪くないな、と思ったのは、そのコード進行とメロディの絡みという所に、「ああ、ここ、気持ちいいな」と思う所があったからなのだと思います。しかし、こうやって聴くと、90年代の日本のポピュラー業界って、いい線行ってると思うグループでさえ、洋楽のベタコピーだったんですね。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド