fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Canned Heat / Boogie with Canned Heat』

Canned Heat Boogie with Canned Heat アメリカのブルースロック系のバンドのキャンド・ヒートを初めて知ったのは、ウッドストックでのパフォーマンスでした。あれがなかったら名を知ることすらないままだったかも。ウッドストックのパフォーマンスに感激したわけじゃないんですが(感激はスライとサンタナジミヘンに全部持ってかれた^^)、名前は覚えたんですよね。このアルバムは1967年のセカンド・アルバムで、キャンド・ヒートのアルバムの中では一番有名なものではないでしょうか。

 デビュー作に比べると、いよいよ自分たちの音楽をやらねば…って感じなのかも。ジャケットデザインや1967年のアメリカ西海岸という時代背景から、もうすこしフラワームーヴメント的だったりヒッピー的だったりドラッグ・ミュージック的な音楽かと思いきや、意外とストレートなブルースでした。強いて言えば、デビューアルバムに比べると、どこに向かうでもなく、いつまでもダラダラと音を出し続けているセッション的。これ、用もないのに友達とトランプしてるみたいなもんで、やってる方は楽しいんだろうな(^^)。このダラダラ感が、キッチリまとめてくるイギリスのブルースバンドとの違いでしょうか。グレイトフル・デッドなんてその典型ですが、この時代の西海岸のロックって、マリファナ文化が強いのか、いつまでもダラダラやるバンドが多いんですよね、「アハハハハ~」みたいな。

 ウッドストックやこのアルバムを聴いて思うのは、キャンドヒートって声小さい(゚ー゚*)。これがすべてで、ズバーンと訴えかけてくるものが弱く感じました。悪くないんですが、ジョニー・ウインターの突き抜けたやさぐれ感とか、チキン・シャックの弾きまくり感とか、そういうのと比べちゃうと一枚下って感じでしょうか。あ、でもそういう事じゃないんですね、きっと。アメリカって、グレイトフル・デッドが名バンドとして成り立ってるところなんかを見ると、このグダグダを良しとする価値観をどこかに持ってる気がします。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS