FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Canned Heat / Living The Blues』

Canned Heat Living The Blues キャンド・ヒートの代表アルバムと言えば『Boogie with Canned Heat』なんでしょうが、僕がいちばん好きなのは、1968年発表のこの2枚組アルバムです。やっぱり『Booge with…』みたいにグダグダなワンコードのジャムなんですが、よかったのは、C面D面合わせて1曲のライブ録音!ワンコードで40分演奏とかやられるもんで、変な意味で聴いていて「エヘヘヘヘー」ってトリップしちゃいました。。

 ライブは、ヴォーカルが今までのスタジオ盤と段違いで野太い!演奏も大人しくチマチマやってないで、暴れてます。やたら長い事ジャムってるのですが、本人たちも飽きてきたのか、途中でフォービートになったりね(^^)。やたら長いベースのアドリブが終わって、ギターソロになったところの快感はたまらないっす。やっぱりロックバンドはエネルギーを伝えてなんぼ、こうしてくれなくっちゃね(^^)。
 そして、スタジオのA面は、ほとんどが小っちゃい曲は今まで通りのブルースやブギの小曲という感じで、演奏ショボイ(^^;)。ただ、B面に入ってる20分近い「Pathenogenesis」は、色んな曲が出て来ては消えて、アナログディレイとかを色々駆使したサイケです。これはアタマが変な感じで良かった。きっと頭が悪いんですね、やっぱり60年代サイケはいいなあ。

 キャンド・ヒートって、80年代までに主要メンバー3人がドラッグとかで死んじゃってるんですよね。ロサンジェルスのバンドだし、音楽だけ聴くとグダグダなサイケデリック・ブルースなジャムバンドなので、けっこうグレイトフル・デッドみたいな、お客さんも込みでみんなでマリファナ吸って気持ち良くなっちゃうヒッピーなバンドだったのかも。ブルースやブギ、そしてサイケ、さらに長尺のドラッグやっていちゃってそうなジャムと、とっても楽しいアルバムでした!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
オーメンからの 
CANNED HEATという素晴らしい流れにあっぱれです(笑)
特に気に入って聴いてはいませんが、たまにこのバンドは聴きたくなります。
あー、アメリカだなぁと
Re: オーメンからの 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!
おお~ボネ太郎さんがキャンドヒートをお聴きになるとは思っていませんでした。さすがに手広いですね!

キャンド・ヒート、僕もフェイバリットというわけではないんですが、たまに聴くと楽しいです。
ドラッグやグダグダというアメリカのルーズな側面と、陽気さや連帯感というアメリカのいい部分がグチャっと混ざっているようで。特にこのアルバムがお気に入りです(^^)。

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS