『ブルガリアン・ヴォイス / カテドラル・コンサート』 LE MYSTERE DES VOIX BULGARES

Bulgarie_cathedral.jpg 驚異のヴォーカル、驚異の合唱!!一世を風靡した、いわゆるブルガリアン・ヴォイスと呼ばれる音楽です。これはマジで凄い、初めて聞いた時には鳥肌が立ち、背筋がゾクゾクして、あまりの感動に身を震わせた記憶があります。
 「ブルガリアン・ヴォイスといえばこれ」といわれているCDが他にあるのですが、このCDはその数段上を行くものと思います。僕の中の評価では比べ物にならないぐらいにこちらが良い!!その一番の要素は、このCDが教会でのコンサート録音という点。教会音楽の無伴奏合唱を聴いた事のある人だったら伝わると思うんですが、あの教会の響き自体がひとつの楽器というか、特に和声系の音楽では声のひとつひとつがとんでもない溶け合い方をして、鳥肌モノのサウンドになるのです。で、このCDは、カテドラル教会でのコンサート録音、という訳です。

 さて、今回は珍しく、少しマジメにレビューしてみようかと(^^)。ブルガリアというのはバルカン半島の東部に位置する国ですが、この位置がブルガリアン・ヴォイスを紐解くカギなのではないかと思います。要するに、東欧という要素、東方正教会圏という要素、西洋の作曲音楽圏という要素、この3つが重なっているという場所にあるのです。
 まず、東欧という要素。ヨーロッパの民族音楽というと、ザックリ言って西と東に分けることが出来るんですが、東の特徴は舞踊音楽が多いという事です。舞踊が多いという事は、踊りのステップに合わせる遊び音楽なので、奇数拍になったり、リズミカルであったり、テンポが変化していったりするものが多く、要するにテクニカル。技術力が高くないと出来ない音楽なんですね。
 次に、東方正教会圏という要素。東方正教会圏の教会音楽というのは、基本的に無伴奏合唱。無伴奏ハーモニーの物凄さは、グルジア正教会の音楽とか、バルト海沿岸の音楽とか、ロシア正教会の地下音楽なんかが有名ですが、このブルガリアン・ヴォイスにも全く同じハーモニーを感じることが出来ます。ものすごい音の重なり方、美しさ。
 最後に、西洋の作曲音楽圏という要素です。つまり、ブルガリアン・ヴォイスというのは、普通の民族音楽ではなく、もともとブルガリアにあった民族音楽と、作曲家による作曲を融合させて作った音楽なのです。ブルガリアの民族復興運動というか、国のご当地ソング作りというか、そういう視点から生まれてきた音楽なんですね。で、その成果がありまくりで、シンプルなものであったハズの合唱音楽が、とんでもない芸術音楽のレベルにまで引き上げられています。

 基本的に、無伴奏での合唱音楽です。しかし、ソロイストのソロパートのある曲や、無伴奏ソロ、あるいは民族音楽のシンプルな伴奏のつく曲などがあり、バラエティ豊か。合唱は魚の大群のように、ハーモニーもリズムも一糸乱れる事無く一斉に動きます。これほどの合唱音楽を聞き逃すのは如何にも勿体ない。音楽好きでブルガリアン・ヴォイスを聴かないなんて、考えられない事だと思うので、ぜひご一聴あれ!!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これも入手です

これもこちらを読んで入手。ブルガリアンヴォイスのCDは、そんなにたくさん持っていないので、あまり詳しくありません。お勧めいただいてよかったです。
これも好きな感じの曲ばかりです。

Re: これも入手です

泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人さま、書き込みありがとうございます!

ブルガリアンヴォイスはやばいですよね。すごすぎて(^^;)。僕は、このCDを聴くたびに「すっげえええええええ!!」みたいになっちゃいます。でも、他の録音では、しょぼいものも結構あるんですよね。やっぱりホールの響きとか録音とかって、ものすごく大事なんだなあと、つくづく思います。

ブルガリアは、民謡も面白いです。東欧の中では村を廻っての録音がけっこう残された方の地域なので、もしブルガリアンヴォイスが気に入ったようでしたら、そのルーツを聴いてみるのも面白いかも?!


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド