FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『照葉樹林の響き 雲南少数民族の音楽』

Shouyoujyurin no hibiki これも中国雲南省の音楽、こちらは『春城の歌垣 雲南イ族の音楽Ⅱ』と違って、色んな少数民族の音楽を集めていました。このCDには管楽器の独奏だけを収めた第2集もあるのですが、このCDは合奏ものの音楽に絞ってありました。収録されていたのは、ナシ族、バイ族、ヂンボ族、タイ族の音楽でした。

 ナシ族は、13世紀にフビライが雲南に攻め込んできたときに協力したとして、フビライから音楽隊を贈られたことがあるんだそうです。そんなわけで、ナシ族の音楽は古いモンゴル音楽だという学説もあるそうです。なるほど、いつかモンゴルのオルティンドーのCDを聴いたことがありましたが、あれによく似ていました。ただ、中国音楽にまったく詳しくない僕にとっては、漢族の音楽とモンゴルの音楽ってそっくりに聴こえるので、違いはよく分かりませんでした。なんというか、宮廷音楽的で、保守的で堅苦しい感じなんですよね。。

 バイ族は、ナシ族とは反対にフビライに対抗して攻め滅ぼされ、最終的に中国に帰属することになったそうです。バイ族の音楽は、哨吶(スオナー)と呼ばれる管楽器を使った音楽でした。スオナーって、要するにチャルメラのことなんですが、チャルメラという言葉はスペイン・ポルトガル語起源なので、中国では使われないそうです。ナシ族の音楽と違って民間音楽色が強く、スオナーのうしろでデンデン太鼓と金属系の打楽器が伴奏している、みたいな。でも、結婚式や祈祷のときに使われる音楽らしく、やっぱりフォーマルな感じ。

 ヂンボ族はビルマ寄りの地域で生活しているそうで、ビルマにもいるそうです。ただし、ビルマではカチン族と呼ばれるんだそうです。う~ん、地続きの大陸で生きる民族地図って難しいです。なるほど、これは漢族の音楽からは遠く、たしかにビルマの音楽に近いかも。ビルマでは仏教音楽以外だと竪琴を使った音楽を聴いたことがありますが、なんかほんわかしてるんですよね。このCDに入っていた音楽は、「やっとこ、やっとこ」みたいなリズムの上で笛がゆったりと演奏していて、ほっこりしてしまいました。打楽器の音も中国みたいに「バシャーン」みたいにけたたましくなくて、むしろ東南アジアのゴングのようにあったかい音で落ち着きがあって僕の好みでした。これは良かったです!

 タイ族の音楽、これがメチャクチャよかったです!!リード付きの横笛である「バウ」という管楽器の音色が、すごくまろやかで魅力的!うしろで月琴のような音の弦楽器と、オルガンのような音がする楽器(笙かな?)、それにやっぱり東南アジア系の太い音がするゴング系の打楽器が伴奏をしていて、実に心地よい音楽でした。

 というわけで、これは中国の少数民族の音楽というより、中国、ビルマ、タイ、ラオス、ベトナムあたりの真ん中にある音楽という感じでした。このへんの音楽だと、僕は漢族系の宮廷音楽より、タイやビルマ寄りにある農民が持っている音楽のほうがほっこりしていて好きみたい。あのあたりに生きている農民の方って、政治的につらい思いをしていそうだけど、大地と一緒に生きている感じでいいですよね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS