FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Pat Martino / El Hombre』

Pat Martino_El Hombre 「ギターのコルトレーン」なんて異名がついていた事もあるジャズ・ギタリストのパット・マルティーノ、1967年のデビュー作です!このCDは完全にジャケ買いでした(^^)。だって、すごく良いギターを弾きそうな雰囲気がジャケットから出るんですもの。

 でも、ジャケットで想像していた硬派なジャズだったかというと、半分ぐらいは意外とクラブジャズっぽい雰囲気でした。少なくとも、最初に聴いた時はそう思ったんですよね。というのも、オルガン(トゥルーディ・ピッツ)は入ってるし、ラテンパーカッションは入ってるし、ジルベルトとジョビンの共作ボッサ曲「Once I Loved」は入ってるし、1曲5分ぐらいでサラッと終わっていくし…というわけで、印象だけでなく、実際にクラブジャズと感じて不思議ではない要素が入ってるんです。アル・クーパージミー・スミスみたいなクラブミュージック的な雰囲気の曲もありました。でもそれは決して悪い意味じゃなくて、これはこれで気持ちい音楽だな、みたいな。

 そんな中、パット・マルティーノがほとんど単旋律しか弾いてないのが最初は不満でした。コードを弾いたのは、最後の「Just Friends」でのオルガンソロのバッキングのところだけじゃないかなあ。あとはテーマもアドリブもぜんぶ単旋律なんですよ。僕は旋律だけ演奏するフュージョン系のギタリストが苦手で、ギターならジャズだろうが何だろうが、和音も旋律も一人で演奏しないとギターじゃないじゃん、ジャズだってジョー・パスやジム・ホールみたいな旋律も和音もひとりで演奏できる先人がいるんだから、これはちょっと…と思ったんですよ、最初は。
 ところが、アルバムが進んでいくにしたがって、不満だったはずのパット・マルティーノの単旋律だけのアドリブに引きずり込まれていく自分がいました。2曲目のツーファイブ・フレーズで「お、いいフレージングだな」と思い、3曲目で「ああ、リズム感がメチャクチャいい人なんだな、単旋律のアドリブでもこれだけ聴かせちゃうんだな」となり、アルバムの最後までたどり着いたころには、自分もギターを持って一緒にアドリブしているという(^^)。で、聴き終わったらすぐにまた1曲目から流して一緒に演奏して、2周聴き終わった頃には、完全にパット・マルティーノの虜 (^^)。

 パット・マルティーノの演奏って、ツーファイブモーションにしてもオクターブ奏法にしても、ウェス・モンゴメリーのコピーから始まったんじゃないかと感じました。そしてこのセッションに関して言うと、クラブ・ジャズのバンドの中で、パット・マルティーノだけがお客さんを楽しませるんじゃなくて、ひたすら旋律的ソロに夢中で取り組んでました。メロディアスに歌わせるんじゃなくて、ギターでどうやって旋律的なアドリブを取る事の出来るシステムを作り上げるかという事に夢中になっている、みたいな(^^)。
 15歳の時にはすでにプロ・ミュージシャンとして活動していたそうですから、その時の人脈のバンドで演奏したんだけど、マルティーノさん自身はまわりのミュージシャンと思っている方向がちょっと違っていて、アドリブの追及に夢中、みたいな感じだったのかも。これはギターでアドリブしたい人が聴いたら最高に面白い1枚でしょうが、そこに興味がない人が聴いたら軽いジャズ・セッションしか聴こえない可能性もあるかも。個人的には、お気に入りのアルバムです。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS