FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Pat Martino / East!』

Pat Martino_East 1968年発表、ジャズ・ギターで独特なポジションを占めているパット・マルティーノのサード・アルバムです。編成は、ピアノのエディ・グリーンを含めたカルテット。マルティーノさんは、ピアノのバッキングをつけるとき以外は、テーマメロですら単旋律しか弾かないので、ギターとはいえ管楽器カルテットを聴いているみたいでした(^^)。

 ジャケットで想像がつくように、このへんからマルティーノさんは南アジア西アジアの音楽が持っている精神性に傾倒していった…のかどうか知りませんが、音楽にそういう匂いが出始めます。これが音楽にとっては良い方に出ていて、それまでのアルバムでは歌謡形式のシンプルなコード進行の上でひたすら単旋律ソロを取る「軽音楽」的な作りだったものが、このアルバムからは大きな構造を持った曲をアルバムに1曲は放り込むようになりました。
 そんな傾向がもろに出たのが、13分近いアルバム冒頭曲「EAST」でした。音の印象だけで言えば、アリス・コルトレーンの音楽。マイナー属でもエオリアンではなくドリアン系のモード曲で、この独特な音階をピアノがアルペジオでバラバラと音をまき散らして、その上にギターとベースが幽玄にテーマを弾きます。途中でダブルタイムフィールしてテンポが倍になり、そしてマルティーノ18番の16分音符の連続の超絶アドリブで高揚していき…マルティーノさんはこの曲で聴き捨てていく軽音楽の域を超えたんだな(^^)。マルティーノに限らず、60年代のジャズはこういう事をやるようになったんですよね。クラシックほどではないにせよ、大衆音楽という枠からはみ出してその道を走り始めたんだと思います。

 でもそういうトライは「EAST」だけで、あとはおいしいジャズでした(^^)。アップテンポの「Close Your Eyes」や「Lazy Bird」なんて、マルティーノさんの怒涛のアドリブを聴くためだけにあるようなトラックですが、分かっていてもこの演奏がすごい。。他の曲はミディアムの「Trick」、スローバラード「Park Avenue Petite」と、アルバム全体は実にバランスが良かったです。

 このアルバムの弱点をあげるとしたら、録音が悪いことです。50年代のハードバップの名盤って、マイルスの『Walkin'』にしてもなんにしても、楽器のセパレートが良くてドラムのシンバルの厚みまで聴こえてくるようなハイファイさもあって、「おお、いい音だ、すげえ!」ってものがけっこうあるじゃないですか。このアルバムもそういう50年代ジャズの録音方法の伝統を引きずってるんですが、60年代のアルバムのくせに50年代ジャズより音が悪かったです。「East」や「Lazy Bird」はピアノの音が歪んじゃってるし、「Park Avenue Petite」なんてそもそもピアノの調律がひどくてハーモニクス起こしちゃってます。まあ、リバーサイドやプレスティッジのレコードなんて、安く作って千枚売れたら次を作って…というモデルの上で作られていたんだろうから、企画も録音も雑に作られたアルバムだらけ。商品としての完璧さを求めちゃいけないんでしょうね。当時いい音でジャズを録音しようとしたレーベルなんてコロムビアぐらいでしょうし。

 プレスティッジ初期のパット・マルティーノさんのアルバムは、基本はウェス・モンゴメリ―直系のストレートアヘッドで熱い単旋律ソロを聴かせるジャズ。で、アルバムごとに経路が違う曲想の音楽が少しだけ入っていて『East!』ではそれがスピリチャルな方向に走った時のコルトレーンになる、という感じ。で、このスピリチャル・コルトレーンへの傾斜が以降のマルティーノさんの音楽に劇的構成を持ち込むことになったという意味で、このアルバムは大きな一歩を踏み出した作品じゃないかと。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS