FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Pat Martino / Baiyina (The Clear Evidence)』

Pat Martino_Baiyina 1968年にジャズ・ギタリストのパット・マルティーノが発表した4枚目のアルバムです。ひとつ前のアルバム『East!』から南アジアの芸術音楽からの影響が見えていましたが、このアルバムはさらに加速、もろでした。でもそれが民俗音楽くさくて嫌かというとそうではなく、いろんな音楽のハイブリッドみたいで面白かった!

 収録は4曲で、すべての曲でうしろに「ビヨ~~~ン」とタンブーラがドローンとして鳴り響いています。バックではタブラがリズムを叩き、ベースやセカンドギターが変拍子または複合拍子のリフが延々と繰り返し、その上にインプロヴィゼーションが重なります。1曲目「Baiyina」を例にとると、7拍で一巡するフレーズが延々と繰り返されるうえでのワンコードのモード系インプロヴィゼーション。
 こういう試みの僕の第一印象は、「これは弾きまくりサイケだわ」というもの。宗教くささは感じず、かといってプレイヤーがみんな弾きまくってるもんでクラブ系の雰囲気ものとも違くて、あるモードやリズムが見えてきて、それが繰り返されながらどんどん高揚していくヒンドゥスターニ音楽から精神性を引いて、ジャズ的にインプロヴィゼーションしたらどうなるか、みたいな。全曲こうなんですが、この方向で一番うまく行ってるのは「Baiyina」と感じました。ドローンを繰り返されて意識がぼーっとしてきたところで飛び出してくる途中のタブラのソロ、メッチャすげえ!!

 一方、ギターの凄さを堪能できるのは、3曲目「Israfel」。プレスティッジ時代のマルティーノさんのアルバムには、ぜったい1曲はギター弾きまくりの曲が入ってますが、このアルバムではこの曲がそれでした。この曲、インプロヴィゼーションもそうですがテーマですら超絶で、これ弾けたらギター3級はある、みたいな。ほら、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの「scuttle buttin’」とかジェフ・ベックの「Scatterbrain」とか、このテーマを弾けるだけでもギター初心者は卒業だな、みたいなのあるじゃないですか。あんな感じです。

 マルティーノってモード・ジャズの切り口で語られる事がありますが、こういうアルバムを聴くと、マルティーノのモードは、ビル・エヴァンスギル・エヴァンスハービー・ハンコックのモードとはまったく違う角度から入ったんだろうな、と感じました。ハンコックやビル・エヴァンスは4度積みとかとセットで考えているので、フランス印象派への意識があったと思うんですよね。でもマルティーノは(少なくともこのアルバムや『East!』では)そういう所は見ていないで、インド音楽などの「メジャー・スケールやマイナー・スケールを基調に使っていない音楽」の主旋法を使っての旋律的モードといった感じ。近い時代に別のアプローチから似たものに近づいたというのは面白いです。

 60年代後半というと、西洋で「禅」や「インド」が再注目されていた頃で、ロックではビートルズが、ジャズではジョン・マクラフリンがインド音楽に傾倒しましたが、68年でこれという事は、マルティーノはそうとう早く手を付けたことになるんじゃないでしょうか。完成度が高いとは思わなかったけど、面白かったです!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS