FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『スティーヴン・フォスター歌曲集 Songs By Stephen Foster: Jan Degaetani (mezzo soprano), Leslie Guinn (baritone) etc.』

Songs By Stephen Foster 自分が知っているなるべく古いアメリカ合衆国の作曲家と言って最初に思い浮かぶのはこの人、スティーヴン・フォスターです!だって1826年生まれですよ、ガーシュウィンやスコット・ジョプリンやコープランドの大先輩。大衆的で牧歌的なアメリカ音楽のいい所がギッチリ詰まっているのです。あ、あと、「大きな古時計」のヘンリー・クレイ・ワークも同じ世代かな?でもヘンリー・クレイ・ワークは「大きな古時計」と「カムホーム、ファーザー」ぐらいしか日本じゃ知られてない気がするので、フォスターの方が圧倒的に有名かも。
 これはノンサッチ制作のフォスター歌曲集で、ピアノや足踏みオルガンやヴァイオリンでの伴奏。歌手は色々で、男声はバリトン、女声はメゾソプラノ。足踏みオルガンが雰囲気ありまくりで最高。ピアノもちょっと調律が狂っていてホンキートンク気味のアップライト、これが味があっていい!間違っても豊かな倍音が出るグランドピアノなんか弾いちゃいけませんよね、こういう大衆歌謡音楽は(^^)。

 東京ディズニーランドのアトラクションって、合衆国の古い景観をモチーフにしたものが色々あるじゃないですか。蒸気船やトム・ソーヤの島のアトラクションもそうだし、ショップやレストランも古いアメリカ調だったり。あれって南北戦争後から1次大戦前あたりのアメリカのイメージだと思うんですが、このレコードで聴くことのできる音楽は、もろにあの雰囲気なのです。そういえば「カリブの海賊」の出発点で、うたた寝している爺さんの人形がギターをつま弾いてましたが、あれは「草競馬」というフォスターの曲ですし…このレコードには入ってないんですけどね(^^;)。このレコードに入っていた曲でいえば、「金髪のジェニー」や「夢見る人」あたりは、聴けばだれでも知ってると思うんですが、レイドバック感がたまらないです。あ~、なんとホッコリするいい音楽なんだろう。

 フォスターと言えば、スワニー川…じゃなかった「故郷の人々」や「おおスザンナ」あたりが有名と思いますが、このレコードにその2曲は入ってませんでした。でも「夢見る人」や「金髪のジェニー」は入っていたので、狙ってマイナー曲を集めたわけじゃなく第2集を想定して、名曲を分散させたんでしょう。ノンサッチめ、商売上手だな(゚ω゚*)。。このレコード、クラシックの歌い手さんが歌ってますが、クラシックの歌手が歌ったなんちゃって民俗音楽にはまるで聴こえなくて、古き良きアメリカの歌として歌っていて、雰囲気があってものすごく良かったです!これは大推薦!!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
Bach Bachさん、こんばんはー。
フォスターはちゃんと聴いてみたい人のひとりです。
アメリカ人アーティストのフォスターのカバーをしたオムニバス盤があって、そこでメイヴィス・ステイプルが歌ってた“Hard time is over”という曲がすごくよくて。
フォーク、カントリー、ブルース、ゴスペル、ソウル、すべてのアメリカ音楽の原点なんだろうと思います。
フォスター、本当に素晴らしいです! 
goldenblue さん、書き込みありがとうございます!
外出すらなかなかできない世の中になってしまいましたが、僕たち音楽好きは意外と持ちこたえる種族かも知れませんね(^^)。

このレコードに「Hard time is over」は入っていませんでしたが、「There's a good time coming」という曲が入ってました。そして、レコードの第2集には「Better times are coming」という曲と「Hard times come again no more」という曲が入っていました。もしかしたら連作歌曲なのかも知れませんね。

このレコード、演奏も歌も素晴らしいです!聴いているだけで部屋が南北戦争から1次大戦前までのアメリカの雰囲気になってしまう…。クラシック演奏家の堅苦しさや優等生くささがまったくなくて、これぞ古き良きアメリカの心の音楽だ、みたいな。
 
あ、コメント間違えてましたm(__)m
「Hard times come again no more」でした。
「Hard time is over」はオノ・ヨーコですね💦

僕は職業柄、毎日普通に出勤してるのですが、毎日外出禁止でも退屈しない自信があります。。。
ここでいうハード・タイムスって 
goldenblue さん、書き込みありがとうございます!

「Hard times come again no more」、このCDでは足踏みオルガンの伴奏でメゾ・ソプラノの歌唱、サビでは男女混声合唱なんですが、涙が出そうなほどよかったです!いい曲ですねえ、詩も素晴らしい。。もしかして、ここでいうハード・タイムスって、現世の事を示してもいるのかも知れませんね。

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS