FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Henry Clay Work‎: Who Shall Rule This American Nation? / Joan Morris (mezzo soprano), Clifford Jackson (baritone), William Bolcom (piano)』

Henry Clay Work‎_Who Shall Rule This American Nation スティーヴン・フォスターを取りあげて、この人を取りあげないわけにはいきません、ヘンリー・クレイ・ワーク!「大きな古時計」の作曲者です。19世紀のアメリカの作曲家と言っても特に感慨は湧かないのですが、活動年が思いっきり南北戦争とかぶっていると考えると、ものすごく感慨深いものがあります。でも、ヘンリー・クレイ・ワークの作品集ってあんまりない上に、あっても妙にブルーグラスっぽかったり、ジョニー・キャッシュあたりがカッコよくフォークで歌って原曲とかけ離れちゃったり、はては平〇賢がR&Bみたいにコブシまわしまくって歌っちゃったりして、「これは!」という音源が少ない(- -*)。そんな中、人に教えたくないぐらいの決定打がこのレコード、メゾ・ソプラノのジョアン・モリスが唄ってます!1975年録音です。これ、手に入れるのに苦労したんですが、そうするだけの価値はある素晴らしさでした(^^)。

 このレコードで演奏しているメゾソプラノのジョアン・モリスとピアノのウィリアム・ボルコムはアメリカ人の夫婦です。他に、バリトンのクリフォード・ジャクソンと、男女混声合唱が入ってます。ソプラノとバリトンが一緒に歌う事はなくて(多分、男声歌と女性歌で分けている)、基本はピアノ伴奏の歌、それにサビや2コーラス目になると合唱がつくというアレンジでした。ソプラノもピアノも一聴して明らかにクラシックを修めていますが、この夫婦デュオのレパートリーって、このレコード以外でもキャバレー・ソングや、それこそヘンリー・クレイ・ワークスやジョージ・ガーシュウィンみたいな古いアメリカン人作曲家の書いたポピュラー・ソングが中心なんですよね。一貫して古き良き合衆国の歌を唄ってるわけで、さすがにこういうのをやらせたらめちゃくちゃ素晴らしかったです。

 ぜひ聴いて欲しいのが、H.C.ワークスの代表曲のひとつ「Come Home, Father」。このシンプルでレイドバックした雰囲気、これこそアメリカン・ソングです!スティーヴン・フォスターの「ケンタッキーの我が家」や「故郷の人々」に並ぶ大名曲。そしてそれを雄大かつ美しく歌い演奏するジョアン・モリスとレイドバックした演奏をするウィリアム・ボルコムが素晴らしい、合唱も泣けてきちゃう。。技巧どうこうじゃないんです、歌ってこういうものだよなあとジ~ンと来ちゃうんですよね、これぞアメリカン・アーリーミュージックの素晴らしさ。
 一方、「大きな古時計」は、アップテンポでけっこう楽しげに演奏していて、あんまりしっとりしてませんでした。この曲、アメリカのフォークシンガーやブルーグラスバンドも、明るく演奏することが結構あるので、実はこういう演奏スタイルが普通で、しっとりやるのは日本風なのかも。

 超がつくほどのおすすめ盤で、ジョアン・モリスとウイリアム・ボルコムが組んだレコードでは、僕が聴いた中ではこれが一押し、マジで素晴らしいです。問題点は入手がとっても難しいこと。アメリカから中古LPを輸入すれば今でも買えなくもないみたいですが、逆にいうとそれぐらいしないと日本で見つけるのは難しいかも…。そうそう、曲単位であれば、このアルバム収録曲のいくつかはダウンロードして買えるようです。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS