FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山本邦山 / 銀界』

YamamotoHozan_Ginkai.jpg 尺八の流派どころか、純邦楽という枠を超えた活動をして枠を破ろうとしていた頃の山本邦山の他流試合を代表するアルバムです。1971年録音で、共演は菊地雅章(p)、ゲイリー・ピーコック(wb)、村上寛 (dr) という、実力がありつつ保守ではなく革新派と言っていいジャズ・ミュージシャンたちでした。

 この手のジャンル違いのコラボレーション作品って、ただ一緒にやって終わりとか、どちらかのジャンルの上で民族楽器を演奏するだけとか、そういうものが少なくないです。ライブでも、ただ一緒にやっただけという国際交流基金が喜んでお金を出しそうイベントっていっぱいあるけど、その時パッとやっておしまいで、先に何もつながってないものがけっこうあります。ところがこのアルバムは違いました。尺八の良さもジャズの良さも両方残したまま、どちらの音楽でもないものを完成させられているのではないかと思いました。

 うまくいった最大の理由は、作曲のコンセプトにあったんじゃないかと。このアルバム、作曲はほとんど菊地雅章さんでしたが、このプーさんの作曲が尺八の音楽を十分に研究して、かつ尺八をリスペクトしたうえでされたように聴こえました。
 このアルバム、「序」で始まって「終」で終わる組曲形式になっていたのですが、曲ごとにジャズと邦楽の関係のさせ方というか距離というか、こういう所に挑戦がありました。ほら、完全にニュージャズの上で尺八を演奏してもらっちゃうのかとか、バロック時代の協奏曲みたいに互いの演奏パートを分けてしまうのかとか、どうすれば一番うまく行くのかって、あるじゃないですか。尺八とジャズなんて、まだ誰も深く取り組んだことがなかっただろうから、答えなんてまだ出てなかったと思うんですよね。そこをプーさんは本気で考えて、いろんな距離間でのコラボレーションをテストしたのだと思います。
 中でも一番うまく行ったように聴こえるのが、アルバムタイトルにもなった「銀界」に聴こえました。この曲、互いの演奏パートを分けるという武満徹「ノーヴェンバー・ステップス」に近い方針。尺八のような独特な発音をする楽器は、たしかにこういう方法を取った方が殺してしまわずにいんだろうな、と思いました。制作年代的にも、プーさんだって「ノーヴェンバー・ステップス」は先例として研究していたと思うんですよね。色々と批判も受ける曲ですが、僕はあれはタイム感もブレスも違うこういうコラボレーションを確実に成功させることのできる素晴らしい形式だと思います。

 このアルバムが意義深かったのも、山本邦山さんが人間国宝級の尺八奏者であった事にもあると思います。これが民謡尺八や我流のプレイヤーだったら、ここまで意味あるアルバムにはなれなかったんじゃないかと。それは音楽的にもそうで、やっぱり邦山さんの演奏は素晴らしんだな、とあらためて思った僕でした。でもやっぱり都山流の本曲やってる演奏の方が好きですけどね(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS