FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ゲームブック『運命の森』 イアン・リビングストン

Unmei no Mori 『火吹山の魔法使い』『バルサスの要塞』に次ぐ、ファイティング・ファンタジー第3弾です。物語は繋がってますが、どの本も単独で読んでも大丈夫です。この本は友人と本を貸しっこして読んだので、僕は持ってないです。でも、買わなくて良かったな、な~んて当時は思ったのでした(^^)。。

 前2作は楽しかったのに、この本は想像力を掻き立てられませんでした。たとえば『バルサスの要塞』だと、入り組んだ見事な構造の城塞内部があって、つむじ風の体をした女とか、いろんな部屋から繋がってくる中央の図書館とか、相当のトカゲが見張りをしている牢屋とか、色々なものが魅力的だったのです。右にいったらさっきの部屋から抜けられるかな、とかね。でも、この本は森が舞台。そういう立体的な構造がなく、登場人物も凡庸で、右に行くか左に行くかは運任せ。戦って勝つか負けるかだけの場当たり的な展開で、読み物としてもアイデアとしても凡庸に感じました。

 3作目ともなると、制作ペースが間に合わなくなって、作りが雑になっていたのかも知れませんね。読んだのは中学生の時で、こういうファンタジーを読むにはすでに際どい年齢、粗があると見抜いちゃう年頃だったのかも知れません。ファイティング・ファンタジーの初期シリーズはゲームブックの中ではかなり対象年齢が高めの設定のシリーズだと思うのですが、それでもせいぜい中学生あたりが適齢の本じゃないかと。これでゲームブックも卒業かと思いきや、『バルサスの要塞』の体験が素晴らしすぎた僕は、もう少しゲームブックと付き合う事になるのでした。その話はまた次回!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS