FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『R.シュトラウス:歌曲集《4つの最後の歌》 《8つの歌》 ほか バーバラ・ボニー (soprano)、マルコム・マルティノー (pf)』

RStrauss_4TuoSaigonoUta_BarbaraBonny.jpg キリ・テ・カナワ&ショルティ指揮ウィーンフィルによる「4つの最後の歌」に猛烈に感動した僕は、この曲のピアノ伴奏編曲版ってないのかと思ってCDを探しました。好きな曲って自分で弾いてみたいじゃないですか。そして見つけたのがこのCDでした。おお、バーバラ・ボニーってあの美声のアメリカ人じゃん…というわけで、ワクワクしてこのCDを聴いたのでした。

 バーバラ・ボニーの声が明るく美しくて歌がうまい!それ以上にピアノのマルコム・マルティノーのピアノがエスプレッシーヴォでいい!なるほど~、後期ロマン派は過剰なぐらい思い入れたっぷりに演奏して丁度いいぐらいなんだな、すごく勉強になる。。そして録音が良い!いやあ、これはすばらしいCD だ、と思いきや…

 マックス・ヴォルフによるピアノ編曲版「4つの最後の歌」でしたが、テンポが速い、速すぎるぜ。もう、あのショルティ&ウィーンフィルのゾワーッと来るようなモデラートに近いアレグレットが体に入ってしまってるからか、せっかちに聴こえてしまいました(^^;)。でも、楽譜に書かれている速度記号を見る限り、こっちの方がシュトラウスの指定には近いのかも。やっぱり、作曲家の意図に忠実過ぎちゃいけない事もあるという事でしょう。音楽は感動してナンボ、約束を守ってつまらなくするぐらいなら臨機応変に変えてしまってもいいと、個人的には感じました。
 そして、「8つの歌」全曲、これは曲自体がイマイチでした。作品10なのでまだ若い頃の作品で、印象派やジャズを通過した後の耳だと、普通の3和音ばかりだと響きとして単純すぎて感じちゃうんですね(^^;)。

 素晴らしかったのは、色んな歌曲集からチョイスされた歌。このCDに入っていた良いと思った歌曲をダーッと書くと、「憩え、わが魂」op.27-1、「あした」op.27-4、「薔薇のリボン」op36-1、「わが子に」op37-3、「子守歌」op41-1、「したわしき幻」op.48-1。ちなみにop27-4はカナワ&ショルティもやってましたが、あんまり覚えてなかったんです。音楽って演奏や録音で聴こえ方がこれだけ変わってしまうという事なんでしょうね。そういえば、どれもピアノの演奏と録音の音の美しさで、心がしびれてる気がします。中でも良かったのはop.27の2曲ですが、シュトラウスの作品27って何だろう(音楽辞典で検索中…)おっ、「4つの歌曲」op.27 だそうです。これ、他にも「4つの歌曲」ってタイトルの歌曲集があるから気をつけないとな(^^;)。

 というわけで、僕が好きなR.シュトラウスはやっぱり中期以降で、後期になればなるほど好きみたいです。初期はドミソとドミナントばかりなのに、途中からは転調の仕掛けやら何やらとにかく工夫が満載で官能性が倍増、機能和声での作曲を勉強したい人にこれほど勉強になる教科書ものもないな、みたいな。そしてこのCD、ソプラノもピアノも録音も完璧!あとは、期待の「4つの最後の歌」ピアノ版だけどうにかしてくれていたら(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS