FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Morgan / Candy』

Lee Morgan_Candy 1958年にブルーノートから発表されたリー・モーガンのリーダー作です。お気に入りのトランぺッターなので、気がついたらアルバムを7枚も8枚も持っていましたが、僕が今まで聴いたリー・モーガンのワンホーン・カルテットのアルバムはこれだけ。58年というと、モーガンがメッセンジャーズに参加して『モーニン』を録音した年。ここからモーガンはしばらくメッセンジャーズに帯同する事になるので、ある意味でこのアルバムはデビュー以来のモーガンのひとつの区切りだったのかも知れません。

 ハードバップだし、曲はすべてリート形式でヘッドを演奏したらアドリブでコーラス回すという方から絶対はみ出ない…というわけで、芸風はこれまでと同じですが、入れ込み過ぎず枯れすぎず、飄々としていて心地よかったです。1曲目の「Candy」なんて、曲自体が何だか恋人と別れた後の新しい生活が始まった、みたいなさばさばした雰囲気を感じますし、「I feel for You」も、重くしようと思えばもっとズドンと暗く演奏することも出来そうなのに、どこか爽やか。これって、モーガンさんの人間性なのかも知れません。そして、バラード「All the Way」の情感と言ったら…これ、モーガンもいいですが、ピアノのソニー・クラークがいいですね。ソロはハードバップどころかほとんどアーリータイムジャズのよう、バッキングなんてほとんどコードプレスだけなのに、なんでこんなに良く感じるんだろう…やっぱり、ピアノだけでもペットだけでもなくて、トランペットとのアンサンブルがいいのかも。

 56年にソロ・デビューしたリー・モーガンですが、58年までのリーダー作は傑作が多いです。ハードバップは似たものの金太郎飴で深くはハマらなかった僕ですが、まさにハードバップの典型なはずのこの時代のリー・モーガンにはハマりしました。後にモーガンさんは芸風を少しだけ変えるんですけど、でもマイルスコルトレーンなどの他のイーストコーストのミュージシャンに比べれば、ハードバップと共に生きハードバップとともに死んだ人と言えるかも。それもまたカッコいい生き方だったんじゃないかなあ。愛人に射殺されるという最期ですら、ジャズ・ミュージシャンとして粋だったんじゃないかと感じてしまうのは、ニューヨークのナイトクラブが彼の生きる世界だったと感じさせる演奏をいっぱい聴いてきたからなのかも。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS