『Anthony Braxton / 3 composition of NEW JAZZ』

AnthonyBraxton_3composition.jpg 1968年録音という事なので、恐らくアンソニー・ブラクストンのデビュー作です。タイトル通り、当時のフリージャズのアルバムとしては、相当に作曲色が強い感じです。しかし、ブラクストン自身のアルト・ソロは作曲の微塵もない、凄まじい光速プレイ!

 アンソニー・ブラクストンという人は、シカゴ出身。シカゴというのは、かつてはアル・カポネが政治家から何まで買収して町の帝王になった街であるとか、映画にもなっているほどの暗黒街のメッカだったり、そんな怪しいナイトクラブで演奏される音楽が他でもないブラック・ジャズであったりと、独特なムード漂う所みたいです。行ったことはないんですが…。ロックでも、デトロイト周辺のロックって、ちょっと他と違う感じですよね。日本でいうと、一昔前の川崎とか、西成とか、あんな感じなのかな?で、70年代が近づくと、デトロイトのジャズ系のミュージシャンは組織を作って、ニュー・ジャズの新たな流れなんていうのを作り出そうと画策します。一番の成功例はアート・アンサンブル・オブ・シカゴで、一番の実力者はアンソニー・ブラクストン、という感じでしょうか。
 しかし、こういう組織というのは、得てしてミュージシャンのレベルとか、組織としての強度というのが疑わしかったりするんですよね。このアルバムには、良い意味でも悪い意味でも、そういった側面が出ています。ブラクストン自身としては初リーダー作という事で、自分のプレイにしてもコンポジションにしても力が入りまくり。力が入りすぎて、ハッタリっぽい所すらあるぐらいです(^^)。しかし、共演者がブラクストンのレベルに追い付きません。なんというのかな、「ああ、多分ここはこういう風にしたかったんだろうな…」みたいに思える所がたくさんあるんです。しかし、共演者にそれを実現するだけの技術がない。
 こういうジレンマって、前衛ジャズ方面では常に付きまとう問題だと思います。コンポジションやコンセプトを具体化できるミュージシャンと使おうとすると、そういう人は他も忙しいのでパーマネントなバンドにすることが出来ず、どうしてもセッションっぽいものになっちゃう。パーマネントなバンドで作り上げていくと、音楽自体はまとまりを増していくけど、それぞれの演奏者の技量に問題が残っちゃう。構想が素晴らしく、また主役のブラクストンの演奏も絶品だけど、共演者の技量が追い付かなかった、大名盤になり損ねた好盤。それが、本作なんじゃないかと思います。あ、こんな事書きましたが、素晴らしい音楽ですよ!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド